サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が「きちんとコントロールすれば借金は怖いない」と思う理由

「借金は怖い」っていう気持ちはよく理解できるよ。

僕だって最初は怖かった、、、

 

でもね、借金というのは諸刃の剣なんだよ。

きちんと考えて、きちんとコントロールし、的確に処理さえしていれば、それは強力な味方になってくれるものなんだよね。

 

僕は不動産投資を通じて、かなり前から借金と上手につきあっているよ。

 

よく不動産投資で多額の借金を背負って失敗する人がいるけれど、あれは借金のせいで行き詰まったわけではないんだ。

ぞくに言う『いい物件』ってやつを取得しなかったから失敗しないんだよ。

 

 

極端な話をすると、アパート・ローンは永遠に完済しなくてもいい。

きちんと儲かる物件を見つけることさえできれば、借金が増えれば増えるほど安定し、僕のフトコロは豊かになってゆくんだ。

 

実に信じられない話だろうけど、、、

 

住宅ローンは早く返した方がいいけれど、アパート・ローンは必ずしも完済すればいいわけじゃない。

 

いちばん良いのは順調にいい物件を増やしていって、事業が安定することなんだよね。

 

不動産投資はできることなら、20代からはじめた方がいいよ!

 

支払期間が長ければ長いほど月々の返済額は少なくなる。

すると、手残りが増える。

 

アパートローンは完済させることが大事なのではない。

事業を長期間に渡って継続して安定させることが大事。

 

「借金」という言葉を聞いた瞬間、「はい、ダメ!」と思考してしまう人は、『借金=失敗』というネガティブイメージに囚われてしまっている人だよね。

 

いつから借金をすることが失敗することとイコールになってしまったのだろう。

お金持ちや黒字会社のほとんどは、有利子負債を抱えているというのに。

 

借金というのは抱えた瞬間、失敗することが決定してしまうのだろうか。 

それともその個人や企業のさらなる飛躍を手助けしてくれる『ジャンプ装置』なのだろうか。

 

借金で失敗する人もいる。

成功する人もいる。

個人だろうが、法人だろうが、関係ない。

 

借金をすることイコール失敗をするではないよね。

 

「借金は怖い」と言ってる人は身ぐるみはがされるイメージがあるんじゃない?

でもね、法人である程度実績つくっていくと、銀行から『代表者の連帯保証なしでOKです』と言われることもある。

 

それは、いざということが起こって会社が倒産したとしても、代表者個人の資産は守られるってことなんだよ。