サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『寝ても覚めても』を観て思ったこと

 

寝ても覚めても

寝ても覚めても

 
寝ても覚めても [Blu-ray]

寝ても覚めても [Blu-ray]

 

 

 

言葉にできないほどの衝撃を受けている。

こういう日本映画を観たのは初めてだ。

 

今まで味わったことのない感覚。

 

観終わった後ずっと「あれは何だったんだろう?」「どういう意味だったんだろう?」と深く考えさせられる映画だった。

 

日本映画によくありがちなモノローグもなければ、場面の説明もなかった。

登場人物たちは実際のところ何を考えていたのかもわからない。

すべては謎で、空白

 

人生はこちらの意識とは無関係に勝手に動き出す。

突然恋愛は始まり、交通事故に遭い、震災は起こり、友達は病気になり、街で偶然に友人に再会し、そして

 

考えてみたらすべては向こうから勝手にやって来る。

出世し、幸せな家庭を築き、素敵な家に住んでもメデタシじゃない。

人生とはそういうもの。 

 

どこまでが夢でどこまでが現実の話だったんだろう。

でも考えてみたら、僕たちの現実は僕らの意識のただの投影物かもしれない

 

だからこの世界をどのように捉えるかはその人に委ねられてるってことなんじゃないかな。

あのラストの不思議な二人の会話は、もしかしたらそのことを描いているのかも…