サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

物事の悪いところではなく、良いところに目を向けよう!

自分の欠点探しはもうやめにしよう! そんなもの100コ探したって人生はちっとも良くならないよ。

 

そんなものを探してる暇があるんだったら、「自分ができることは何か?」「オレは何が得意なんだろう?」「オレは何が好きなんだろう?」ってことを真剣に考えたほうがいい。

 

自分のいいところを見つけられる人っていうのは、人のいいところも見つけられるようになるもの。そして、人のいいとこを見つけられる人っていうのは、みんなから好かれて、自然に人も集まってくるもの。

 

そういう人というのは何か困ったことがあっても誰かに助けてもらえたり、いい人を紹介してもらえたり、ビジネス・チャンスに恵まれたりするものなんだよね。

自分の欠点ばかり探して、いつもイライラしていたり、いつも暗い顔をしている人のことなんて誰も助けたいとは思わない、、、

 

みなさんのまわりでも、いつもムスッとしてる人っているでしょ。「オレを見るな」「オレに近づくな」っていうオーラを出しる人ね。

そういう人ってどんな人ですか? 誰かから愛されていますか? いい人を紹介してもらえてますか? ビジネス・チャンスに恵まれてますか?

 

きっとそういうハッピーな人生は歩んでないと思う、、、

そういう人って人のことも許せないし、嫌いなんだけど、実は自分のことも許せないし、嫌っているんだよね。自分にイライラしているから人にもイライラしてくるんだよ。

 

だから、まずは自分自身を肯定するところからはじめてみて! ありのままの自分を受け入れて、そのままの自分を愛してあげて!

自分の顔も、自分の職業も、自分の両親も、自分の住んでる街も、etc・・・まずはいったん「うん、これでいいんだ」と思ってみよう。

 

そして、「よし、ここからはじまるんだな!」という上昇志向を持ってみよう。そうすればきっと数年後には人生はよくなってるはず。

自分のまわりにあるすべてのものの「いいところ」に目を向けること。そこからスタートしよう。

 

物事には必ず良い面と悪い面があるんだよ。光と影。陰と陽。いいことだらけのこともあり得ないし、悪いことだらけのこともあり得ない。

僕の親友のKくんなんか、顔はブサイクだけど、広告関係の仕事をしていてめちゃめちゃ女の子にモテるよ! それは、彼は自分のことを「ブサイクだと思ったことがない」からなんだよ。

 

あるいは思っていたとしても、そこに目を向けていない。彼が目を向けているのは、広告という仕事のこと。だから、いつも輝いている。女の子って、何かに夢中になって、輝いてる男性が好きなんだよ。

僕が言ってる、『悪いところではなく、良いところに目を向けろ!』っていう意味、わかるかな??

 

東京に暮らしてる人は人の多さに辟易しているかもしれないけれど、僕みたいな北海道の片田舎に暮らしている人間から見れば、面白そうな施設やイベント、お店がいっぱいあって超楽しそうに見えるよ!

 

東京にはいつ芸能人と遭遇するかわからないというワクワク感もあるよね。こっちは芸能人に遭遇する確率よりもキタキツネに遭遇する確率の方が高いですからね!(笑)

すべては捉え方・ものの見方・考え方しだいなんだよ。

 

「自分はどんな人間になりたいのか」 がいちばん重要だよね。

今はちっぽけな存在だとしても、そのことを悲観することはない。

 

今が芋虫だからといって「どうせ俺は」とふてくされてしまったら、それで終わってしまう。

さなぎの期間を経て、美しい蝶になればいいだけの話。

 

今の状態が問題なんじゃない。

 

世間では「働き盛り」と言われてはいるが、40歳も半ばに差し掛かるとみんなだんだん暗くなってゆく。

僕の友人たちを見ていても、みんな将来に不安を抱き、ため息をついている。

 

僕はすごく不思議だ。

彼らはみんな僕よりも勉強ができたし、いい会社に就職した。それなのになぜ暗くなっちゃんだろう?

 

キーワードは『現実』という言葉だと思う。

 

彼らは翼を持っていた。

いくらでも飛ぶことができた。

だけど「俺には翼なんて生えてない」と考えた。

だから行動しなかった。

 

行動しなければ現実は変わらない。

4050歳になっても。

 

現実をどう見てどう捉えるか?によって人生は変わるんだよね。

僕はよく言われる。

 

「不動産投資は最も危険な投資だ」

「脱サラなんかしたって失敗する」

「そんなに借金してるなんて信じられない!」 

 

それ、全部その人から見た『現実』なんだよね。

僕の『現実』じゃない。

 

僕の現実は毎日自由で家族に囲まれて、会社も黒字決算。

現実の捉え方が違うんだよね。