サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は臆病者で怖がりだから、なん億円も借金をして不動産投資なんてものをやっている。

僕の知人で「不動産投資に興味がある」「いつもお前みたいに家賃収入を得てみたい」とずっと言い続けている人がいるよ。

もちろん、その人はいまだにただの一棟のアパートもただの一つの区分所有の部屋も保有していない。

 

「不動産投資をいつかはやってみたい」と言い続け、ただ時間が過ぎてゆくだけ、、、

 

成功している人、実績をあげてる人って、どこかの時点で『動いた』人だよね。

勇気をふりしぼって、リスクを背負って、一歩を踏み出した人だ!

 

おそらく僕の知人はこれから先も大家さんとして成功することはないだろう。

5年後10年後も「不動産投資に興味がある」と言い続けていることだろうな、、、、

 

人生は魔法のランプでもなんでもないんだ。

ただ想っただけで現実が変わるなんてことはありえないんだよ。

 

僕はよく人から「よく勇気がありますね」と言われるけど、自分としては「僕ほど臆病な人間はいない」と思ってるよ。

 

臆病でビビリだから、何億円という大きな借金を背負っているんだよね。

なんか皮肉で、逆説的な話だけど・・・・

 

自分だけのパワーでは勝てないから「何か違うもの」の力を借りて勝負しようとしているんだよね。

僕の場合は借金のパワーを利用している。

銀行の力を利用している。

 

もっと具体的に言うと、自分のお金ではなく、他人のお金を利用している!

リスキーな人生が怖いから、リスクを背負っているんだよ。

 

人は『お金の恐怖』からは逃げられない。

はっきり言って、僕はサラリーマンをしていた頃にも常に恐怖を感じていたよ。

 

リストラ、会社の倒産、老後の不安、年金や健康保険の問題、親の介護、子供の教育費、家や車のローン、etc・・・

『サラリーマンをしていれば安心だ』と思ったことは一度もなかったよ。

 

不動産投資で何億円も借金しているせいで、僕はよく(半ば嘲笑的に)「勇気あるな」とよく言われる。

でも僕は僕ほど臆病な人間はいないと思っているよ。

僕ほど心配性な人間はいないとも思ってる。

 

世間一般で安全だと言われてること一点にしがみつくことは僕にとってはとても恐ろしいことのように思えた。

僕は自分が勤めている組織からの給料やボーナス一本に自分の全人生を賭けてる人は、本当にスゴイ人だと思っている。

 

皮肉でも何でもなく、本当に尊敬する。

本当に勇気がある人というのはこういう人のことをいうのだと思う。

 

僕は臆病者だから、恐ろしくてそんなこととてもできなかった。