サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資をやる人はもっと「地域性」に注目したほうがいい

ギガ大家が徹底解説! 北海道の不動産投資の魅力とは という記事を読んだよ。 

 

 

chintai.mynavi.jp

 

うわー、このかた、正解を書いちゃってる〜!涙

「実は東京都心よりも北海道の方が実はキャッシュフローが残る」という正解を……笑

 

せっかく『不動産投資は東京都心以外はダメ』と多くの人が思いはじめたのに、これじゃ北海道に注目集まっちゃってレッド・オーシャンになるよ〜笑

 

北海道には44もの金融機関があり、収益不動産に対して積極的に融資をしてくれる地元密着型の銀行も多い。 本気で不動産投資をしてたくさんの物件を持ちたいなら、札幌に移住することをお薦めしたい!

 

北海道ならではの秘密の魔法も、全部公開しちゃうのね・・・笑

 

不動産投資をやる人はよく考えてほしいんだけど、不動産って地域的市場なんだよね。

 

北海道には北海道ならでは事情がある。

きっと石垣島には石垣島ならではの不動産マーケットがあるはずだ。

 

不動産投資を扱う本や雑誌のいちばんの問題は、不動産投資を地域ではなく、『数字』でしか見てないこと。

「地域性」という側面から不動産投資を見てる人はほとんどいないんだよね。

 

でも不動産って、世界に一つしかないものだからね。

当然、そこには「その物件がある場所がどういうところなのか?」ということが大きく影響してくる。

 

でも多くの人は不動産投資のことを他の金融商品と同じような感覚でとらえてる、、、

つまり、投資だと思ってる。

 

僕は不動産投資は完全に『商売』だと思ってるよ!

ラーメン屋にしろ、学習塾にしろ、美容室にしろ、「場所」ってすごく重要でしょ?

ほとんどそれがすべてと言ってもいい。

 

数字も大事かもしれないけれど、もっと地域性みたいなものにも目を向けたほうがうまくいくと思うよ!

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com