サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自分の中にある欠点が最大に武器になるってこともある

ネガティブ思考をする人の特徴として、『自分の欠点を見つけるのがものすごく得意』というのがあるよね。

でも、欠点ってその人にとっての最大の武器にもなりうるんだよね。

 

坂本龍馬にしろ、アインシュタインにしろ、エジソンにしろ、etc・・・彼らは子どもの頃、勉強ができずに落ちこぼれだった。

松下幸之助さんや、孫正義さん、矢沢永吉、etc・・・彼らは子どもの頃、とっても貧しかった。

 

ネガティブ思考の人から見れば、そういうのは全部「欠点」ってことになっちゃうかもしれない。でも彼らはきっとそんなふうには捉えなかったんじゃないかな。

むしろそういった自分の負い目やコンプレックスをどんどん前面に押し出して、決して隠したりはしなかった。だから人々は彼らに共感し、その活躍に感動することができた。

 

考えてみてほしい。もしも彼らが生まれた瞬間から優秀だったり、大金持ちの家に生まれて、何不自由なく育ったお坊っちゃまだったらどうなっていただろう?

こんなにも多くの人から愛されたり、リスペクトされたりしただろうか、、、、

 

そもそも、もしも彼らが恵まれた環境で育ち、何のコンプレックスも抱かなかったら、彼らはあのような偉業を成し遂げることができただろうか、、、、

 

マイナスのことが多ければ多いほど、それがプラスに転じる可能性を秘めているもの。だからもしもみなさんが自分の欠点のことで悩んでいるのなら、「この欠点がいつか最大の武器になり、自分を救ってくれるかもしれない」と考えるようしてみよう!

 

欠点にはネガティブな面とポジティブな面があるんだよね。片面だけしか見ていないと、落ち込んでしまう。だけど、必ずその裏側には良い面があるもの。

 

英語のことわざに、

 

every cloud has a silver lining  

 

というものがあるよ。これは直訳すると、「どの雲には必ず銀の裏地がついている」という意味になる。

 

つまり、「悪いことの裏には必ずいいことがひそんでいる」ということ。だから、物事の捉えかたを少しだけ変えてみよう。

 

あのタレントの渡辺直美さんはそのことをよく知ってる人だよね。あの人は「デブ」という自分の欠点を武器に変えて、芸能界で頑張っている。とても人気があるよね。

僕たちも彼女から何かを学ぶこと、いっぱいあるんじゃないかな。