サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜ学校では子供たちに自分のビジネスを持つことの大切さを教えてあげないんだろう?

「ムダなこと」をやってきた子どもこそ起業家向き という記事を読んだよ。

 

 

 

business.nikkei.com

 

なぜ学校では学生たちに自分のビジネスを持つということの大切さを教えないんだろう。

なぜ学校では「将来、事業家になれ」と教えないんだろう。

なぜ給料を受け取る側ではなく、給料を支給する側にまわれと教えないんだろう。

 

学校では「給料をもらえる職業に就け」としか教えないよね。

 

本当はその給料をもらったあと、その給料を使って何をするのかがいちばん重要なのに。

 

自分のビジネスを持ち、そのビジネスが成功すれば、そのビジネスがキャッシュフローを生み出してくれる。

 

だから自分が病気で働けなくなったとしても家族を路頭に迷わせることはないし、多少税金や社会保険料、物価が上がったとしても、それに耐えられる。

 

「病気になっても、ケガに見舞われても、キャッシュフローが入ってくるものがこの世にはあるんだよ」ということを学生に教えることの何が危険なんだろう?

 

それは危険どころか、希望なんじゃないかな。

 

 

 

www.venture-support.biz

 

 

これまでいろんな不動産を買ってきて、おかげさまで会社の方も10期目に突入したよ。

でも、これだけは言える。

 

あんなに高額な不動産を僕が買ったりはできなかったよ。

僕ではなく、僕の『ビジネス』が買ったんだ。

 

僕にはとてもそんな力はないよ。

僕という個人の力では到底、無理だった。

 

自分のビジネスを持つと、「ビジネスの力」というものを最大限に利用することができるよ。

それは個人の力よりもはるかに強いんだ。

 

会社から給料をもらい、税金や社会保険料を払い、生活費を払い、最後に残ったお金だけで勝負をしなきゃいけない、個人のパワーにはどうしても限界があるんだよね。

 

 

ddnavi.com

 

『オレの抱えている問題を解決できるのは、いわゆる「仕事」じゃないな』ということにも気づいたのは30代半ば。

 

リーマン時代の僕は猛烈社員だったよ。

日本でいちばん仕事に燃えていた(大げさ)

 

でもそれは罠だった

 

仕事は資産じゃないんだ。

年収や役職では本当の問題解決にならないんだ。

 

僕は仕事とビジネスの違いがわかってなかった。

 

だけど、『ビジネス』は資産だよ。

働く働かない関わらず、フトコロにお金を運んできてくれるんだ。

 

事業家のために働くのはではなく、「自分が事業家になる」というソリューション、ダメかな?