サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資において「手詰まり」の状態にならないための方法

賃貸経営において恐ろしいのは『手詰まり』の状態になることだよね。

手詰まりの状態とは、「売ることも買うこともできない」という状態。

 

 

売りたいけど今、売ったら損が出てしまう。

買いたいけど銀行から「融資枠が一杯でこれ以上貸せない」と言われてしまった、、、

 

こうならないように注意しなきゃいけないよね。

売るにしても、買うにしてもさ、、、

 

そのために必要なことは保有物件を『いい物件』だけで構成し、常にグッド・パフォーマンスを出し続けなきゃいけない。

きちんとキャッシュフローを得つづけなきゃいけない。

 

銀行も目を光らせてるしね!

 

だから僕はブログなんかでいつも『入口が大事だぞ』『取得時ですべての勝負が決まるぞ』と言い続けている。

入口を間違わなければ、途中も安泰だし、出口でも困らない。

成績が良ければ金融機関の評価も上がって、融資の枠を増やしてもらえる可能性もある!

 

 

基本的にはどこまでも買いましてゆくべきだと僕は思っています。

というか、物件をある程度増やしていかなければ、賃貸経営は安定したものになりません。

12棟じゃ心許ない

567棟と保有物件が多くなることによって資金繰りもラクになります。

 

ただし、『いい物件』じゃなきゃだめよ!笑

 

 

もしも、どうしてもダメなら既存を物件を売却するという方法もある。

あるいは、しばらくこのまま返済を進めていって、融資残高が減っていき、融資がOKになる段階を待つという方法もある。

 

でも、こういう「手詰まり」にならないように注意したいよね。