サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

うまくいってないってことは「それはあなたには向いてないよ」という神様からのメッセージかも!?

自分の欠点ばかりが気になって、自信を失っていませんか? 何をやっても前向きになれず、ネガティブ思考におちいっていませんか?

 

僕は今でこそ自由と幸福を手に入れ、毎日ストレス・フリーな暮らしをしているけど、以前はずっとこういったものに苛まれっぱなしの人生をおくっていたんだよね。

 

でも、いろんなことを経験し、その長くて暗いトンネルを抜けたら、いろんなことがわかってきたよ。最大の発見は『結局のところネガティブな状態を引き寄せていたのは自分自身だった』というものだよ。僕は運良くそのことに気づくことができたんだ。

 

もしも今、みなさんが人生の落とし穴にはまって抜け出せない状態にあるのなら、考えてもらいたいことがあるんだ。それは「なぜ何でもネガティブに捉えるようになってしまったのか?」ということ。

 

そのことを考えることはとても重要だよ。普通の人は結論を急ぎすぎるんだ。手っ取り早く問題を解決する方法を求めすぎる。いちばん重要なことは『原因』なんだよ。「なぜそうなったのか?」ということなんだよ。

 

これまでの人生のなかでいろんな人を見てきて思うのは、ネガティブ思考の人というのはそういうふうに思わざるを得ないようにわざわざ自分を追い込んじゃってるケースがかなりある、ということ。

足が遅いのに陸上部に入って頑張ろうとしたり、ホントは英語なんか大っ嫌いなのにバカ高い授業料を払ってイヤイヤ英会話教室に通ったり、、、、

 

もちろん苦手分野に顔を出したとしても、そこで才能が開花することはない! だからやがて「オレは何をやってもダメな人間なんだ…」と自信喪失になる。

その分野その分野には、必ずツワモノというのがいるものです。こちらがどんなに頑張っても、どう逆立ちしても叶わない相手、、、、そういうやつはどこにでも必ずいるもの。

 

そういう人にまともにぶつかっていっても、絶対に勝ち目はないんだよね。残念ながら、、、

 

ところが(困ったことに)日本では「努力」とか「根性」といったような精神論が大好きときてる。なんといっても『大和魂』の国だから、、、それで、わざわざ勝ち目のない戦さに挑んでは傷つく、また挑んでは傷つく・・・ということをくりかえしている。

 

僕はホントに不思議に思うよ。たとえば僕のことで言えば、僕は学校の勉強ができなかったんだ。だから三流大学にしか入れなかった。あそこまで落ちこぼれると、鈍感な僕でもさすがに気づくよ。「オレには学力の才能はないんだな」「ここで勝負したらオレには勝ち目はないんだな」って、、、、

 

僕はそういった『気づき』ってやつがものすごく重要だと思ってるんだ。人生がうまくいってない人はそういった『気づき』を獲得できてないんだ。それはある意味、とっても不幸なことだと思う。もしかしたら失敗することよりも不幸なことかもしれない。

 

もしも勉強で勝負しようとしていたら、僕は終わってたよ。絶対にうまくいかなかった。僕が成功できたのは、『勉強』という戦場で戦わなかったからだよ。

自分が勝てそうな分野を探したんだ。「ここならうまくやれそうな気がする」という場所を探したんだ。それで僕は『ビジネス』の世界へ足を踏み入れたんだ。

 

商売人の世界は学校の時代の勉強の良し悪しはまったく関係ない世界だからね。だから僕みたいな落ちこぼれでも勝負できた。

僕はこれまでの人生のなかで何度も銀行と取引してきたよ。それで、これまでの取引のなかでただの一度も支店長から僕の学校の時代の成績のことを訊かれ、それが問題視されたことはない。

 

嘘じゃないよ。銀行取引では僕の学校時代の成績や学歴、ましてや学校のレベルなんかは問われないんだ。僕が中学しか出ていなかったとしても、それが融資の審査に影響をおよぼすなんてことはないじゃないかな。

 

僕は学校では輝くことはできなかった。でもビジネスの世界でだったら輝くことができた。とりわけ、『不動産』の分野に関しては絶対的な自信を持っているよ。

不動産会社に勤務してるあいだに散々鍛えられたからね!

 

考えてみたら、学校で過ごす時間なんて人生のなかのほんのわずかしかないよね。社会人として過ごす時間のほうが長い。

人生がもしも学校時代の成績や学歴で決まってしまうのだとしたら、よく考えたらそれはかなりめちゃくちゃな世界だよね。だけど今、多くの人が「いい学校に行って、いい会社に就職すれば幸せになれる」と思ってる。

 

僕はなぜこんなにうつ病をはじめとするさまざまな精神的な問題を抱える人が増えているのか、なんとなくわかるような気がするんだ、、、、

学校時代に輝いていたからといって、社会に出てからも輝けるわけじゃないんだよ。みなさんはどっちで輝いていたいですか? 学生時代ですか、それとも社会に出てからですか、、、、

 

もしも今やってることでなかなか結果を出ず、自信を喪失しつつあるのなら、それはもしかしたら「その分野は向いてないよ」という神様からのメッセージなのかもしれない。

もともと足が遅い人はやっぱり陸上部に入っても活躍できないものだよ。でも、水泳なら勝てるかもしれない。ピアノなら勝てるかもしれない。

 

自分に合ってない分野では人って活躍できないものなんだよ。それだったら、さっさと見切りをつけて、心の底からイキイキできる場所、自分の実力を発揮できる場所を見つけて、そっちへ移ったほうがいいよね!