サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は自分の知恵と工夫で結果をコントロールできる素晴らしい投資法!

不動産投資の「空室リスク」を下げる3つの作戦とは という記事を読んだよ。

 

 

 

zuuonline.com

 

 

空室対策は大家さんにとって頭を悩ます問題だけど、考えようにとっては「こちらのやり方しだいで結果を変えることができる」ってスゴイことだよね。

 

暴落を前にしてどうすることもできないものに比べたら、自分のK.U.F.U.(工夫)でなんとかなるってまだマシと思ってます!

 

「そもそも空室になって苦労するような物件は買わない」というのが最大の空室だけど。笑

 

まずは周辺状況を見て、「家賃が妥当なのか」を見るといい。

このちょっとしたズレ(たとえば3,000円の差とか)でお客さんを取り逃がしてる大家さんいっぱいいる。

 

気前よく家賃を下げるのもやっぱり一つの手。

 

自分の知恵や工夫で投資結果をコントロールできるものに投資した方がいいと僕は思う。

暴騰しようが暴落しようが、どっちの局面になってもその影響を受けないものに投資した方がいいとも思うし。

 

「上がればいいな」といったような『願望』とか『希望』に投資する必要のないものに投資した方がいいとも思う。

 

不動産投資の面白いところは自分で投資リターンそのものを変化させることができることだよね。

そんなことできる投資法って他にないんじゃないかな。

 

例えばリノベーション。

何もしなければ、

 

3万円×6×12ヶ月=216万円

 

 

 

ところがリノベすると、

 

3.5万円×6×12ヶ月=252万円

 

 

 

これで年間36万円の差額を生み出すことができる。

その差額が2年、3……と続いてゆく。

トータルで考えたらかなり大きいよね。

 

もちろんリノベにはお金がかかるよ。

だから年間36万円のアップと、リノベにかかる工事費用。

この2つを計りにかけて考える必要がある。

 

もしも売却時に利回り10%で得ることができれば『360万円』の回収ができる。

360万円以下でリノベができればその差は儲けとなる。

それ以上で売れればさらに儲けとなる。

 

やっぱり、こんなふうに自分でコントロールできる投資法って、そうそうないんじゃないかな。

リフォーム時に重要なのは『やる価値ある?』ということの見極め。

 

キレイにすれば賃料をアップしても部屋がすぐ決まるのならやるべき。

でも世の中には「とにかく安い賃料の部屋を!」というニーズも間違いなくあることだけは覚えておこう。

 

そういう層の人たちは別に部屋のグレードの高さは望んでいないよ。

それよりも家賃の低さを望んでいるよ。