サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

銀行が投資信託の購入資金には融資しないのに、不動産の購入資金には融資するのはなぜか?

僕がやってる一棟モノの不動産投資のの場合、建物と土地という2つの資産が手に入る。そのおかげで、たとえ建物がなくなったとしても、まだ土地が残るという強みが生まれるんだよね。

 

投資対象が区分所有の不動産だったら土地というものは手に入らないし、株や投資信託といった紙の資産の場合は「こっちがダメになっても、こっちがある」というものがないから、片一方がダメになったらかなり切ないことになるよね。

 

よく投資信託をやってる人で「自分は分散投資をやってるし、株式も債券もバランスよく持ってるから大丈夫だ!」と言う人いるけど、僕はそれまったく違うと思ってるんだ。

だいたい株式市場が暴落すると、債券市場も芳しくないことになる。アメリカの株価が暴落すると、日本の株価も暴落するし、グローバル経済だから先進国がダメになると、それにつられて新興国もダメになる、、、

 

僕に言わせればこういうのは分散投資じゃない。少なくとも「リスクを分散してる」「リスクをヘッジしている」とは言わない。

紙の資産にはもちろん『土地』なんてないから、運用成績が悪くなれば、それを補うものは何ひとつなくなってしまうんだよね。つぶしが効かないんだよ、、、

 

不動産の場合、建物がなくなったとしても、まだ土地が残る。その土地を更地にして売ることもできる。逆に更地の状態で売った方が高い値段で売れることもあるくらいだよ!

 

紙の資産と呼ばれる投資法は『現物』に触れることができない。僕は個別株をいくつか持っているけど、メインは不動産投資。その理由は株式市場がおかしくなったら、その影響を受けて一気にこっちのポートフォリオも悪くなってしまうから。

それに対してこちらが手出しすることはできないんだ。黙って指をくわえて見ていることしかできない、、、

 

紙の資産を好まないのは僕だけじゃない。実は銀行もあまり好んでいないんだ。嘘じゃないよ。嘘だと思うなら、今度、銀行の融資窓口のところへ行ってみてほしい。そして、「投資信託を3,000万円分購入したいのでお金を貸してほしい」と言ってみてほしい。

門前払いされるから!笑

 

ところが銀行の融資窓口のところへ行って、「3,000万円の物件を購入したいのでお金を貸してほしい」と言った場合、話はちょっと変わってくる。彼らの目の色が変わる。少なくとも門前払いということはないと思うよ。

なぜだろう? 購入目的が投資信託だった場合は門前払いで、不動産の場合はそうじゃないんだろう?

 

ここに不動産投資の最大の魔法がひそんでいるんだ。紙の資産への投資と、不動産への投資。この2つはどこがどう違うのだろう? 

結論から言うと、銀行の人は「不動産というものが0円にはならない」ということを知っているからなんだよね。どんなに不動産価格が暴落しても、土地の価格が0円になるなんてあり得ないもんね。

 

それは銀行の人にとってはものすごい安心材料になるんだよ。銀行がいちばん恐れているのは、貸したお金が焦げ付くことだからね。担保として不動産に抵当権をつけてしまえば、もしも貸出先がダメになってもその不動産を自分のものにできる。

 

ところが投資信託の場合はどうだろう? 投資信託に担保にお金を借りることはできるだろうか? もしもそれができたとして、銀行は安心できるだろうか?

不動産投資は完全に銀行と利害関係が一致してる投資法なんだよね。だから彼らの資金を利用して、僕らは資産を手に入れることができるんだ!