サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は総支払い額よりも手残りを重視するタイプ

頭金、金利、借入期間で投資結果はどれぐらい変わる? という記事を読んだよ。

 

 

 

t.co

 

これはものすごく重要なこと。

物件の選定と同じくらい重要なことかもしれない。

 

ここの条件の擦り合わせがうまく金融機関とのあいだでできないと、後になってダメージが効いてくる。

 

僕は総支払い額よりも手残りを重視するタイプ。

 

なるべく長い期間で借りたいタイプ!

 

 

借金を早く返し終わった方がいいという人は、借金を悪いものと捉えている。

だから手持ちの資金が少なくなっても借入金の額が少なくなれば安定すると錯覚する。

でも実際は借金を上手に利用した方が事業は安定するんだけどね。

 

大事なのは借金をゼロにすることじゃなく、経営を安定させることだよね。

 

不動産投資において何がいちばん大切なのかというと、「毎月手元にいくら残ったの?」ということだよ。

よく25年のローンを組めるところを15年で組んじゃう人がいるが、これは危険。

 

「借金が嫌い」「借金はなるべく早く返した方がいい」と言う人は多いよね。

日本人はとにかく借金に対するアレルギーがスゴイもんね。

 

「借金は早く返すに越したことがない」と言ってる不動産投資アドバイザーの人やFPの人もいるが、それは大間違いだよ。

 

大家さんは『経営者』の自覚を持たなければならない。

商売人になるんだよ。

 

空室、修繕、広告料、滞納・・・・・いろんな現象に対処しなければならないんだ。

アパート・ローンは住宅ローンとは違うんだよね。

 

それは『事業をやる』『商売をやる』ってことなんだよね。

 

アパート経営は不動産を扱う商売。

具体的には年に4回「固定資産税」というものを払わなきゃならない。

 

これが結構、痛い! 

 

軌道に乗る前の人はきっと固定資産税を払うと、どんなに頑張っても赤字になってしまうだろう。

だからこの固定資産税の払いを見越して、その分をプールしておくようにしよう。

 

不動産投資は入ってくるお金も大きいが、出ていくお金も大きい。

だから利回りが低いと簡単にマイナスになってしまう。

 

新しい物件だと固定資産税も高い。

物件を探す時には固定資産税などの『出ていくお金』のことも念頭に入れて探さないと大変なことになる。

 

その点、古い物件は固定資産税も安い!