サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

他人に大いに頼ろう! 自分の力で頑張ろうと思うのは不動産投資において非常に危険という話

『自分の力で頑張る』って言葉、、、、一見すると素晴らしいことのように思えるかもしれないけれど、気をつけないとチャンスを逃してしまう危険な言葉でもあるよね。

 

 

・頑張らないと嫌われる

・頑張らないと価値がないと思われる

 

だから頑張る・・・

 

ぜんぶ自分ひとりの力で勝負しようとする人、ぜんぶ自己資金で勝負しようとする人はきっとアパート経営には向いてないと思う。

 

だって不動産投資って基本的にはOPM(他人のお金)やOPP(他人の力)を利用するものだから。

 

 

・売買の営業マンは利益をもたらす資産を見つけてきてくれる

・銀行は高額な不動産の取得費を用意してくれる

・賃貸の営業マンはお客さんを見つけてきてくれる

・入居者のみなさんは借入金、工事費、税金、保険料などを僕らの代わりに払ってくれる

 

「頑張る」って、気をつけなきゃいけないワードだよね。

 

気合いを入れて、力をこめて、頑張って何かをやったときよりも

リラックスして、自由で、優雅で、落ち着いて何かをやったときの方がうまくいくのはなぜだろう?

 

追いかければ追いかけるほど遠のいてゆく。

必死になればなるほど嫌われる。

 

なぜかわからないけど、物事ってそういうものなんだよね。。。