サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が「紙の資産へ投資することは不動産へ投資することよりもはるかにリスクが高いな」と思ってる理由

不動産投資は、『不動産』に投資することによって利益を出す投資法だよね。相手は不動産なわけだから、当然目に見えるものだし、手で触れることができるもの。

 

ときどき「REITも不動産投資だ」と言ってる人がいるけど、あんなものは不動産投資でもなんでもないよ。あれは完全に投資信託だよ。現物資産を扱ってるわけじゃない。

 

僕たち不動産投資家はそのような『現物資産』を手に入れるところからスタートをするわけ。

そして、その現物資産が僕たちにキャッシュをもたらしてくれる。不動産投資家はその現物資産からのリターンのおかげでメシが食えるわけです。

これに対して株やFX、投資信託といった、いわゆる「紙の資産」と呼ばれるものたちは、『現物資産』じゃない。なるほど確かに「株券」とか「証券」みたいなものは手元に来るかもしれない。パソコンの画面をひらけば、確かに画面上で自分の資産の有無を確認できるかもしれない。

だけど、それら紙の資産というのは目で見ることもできないし、手で触れることもできない。やっぱり不動産のような現物資産とは全然違うものだよね。

 

その『紙の資産』は価値を持っているかもしれない。でも、株式市場が暴落したり、その通貨の価値が下がれば、価値を持たなくなるかもしれない。その企業が倒産したりすれば、その株の価値自体もゼロになっちゃうかもしれない。

不動産のように『絶対に0円になることはない』というお墨付きがあるわけじゃないんだ。

 

逆の言い方をすれば、「現物資産へ投資しないということは、0円になる可能性がある」ということでもある。その企業が倒産してしまったら、その企業の株もただの紙切れになってしまう、、、それは考えようにとってはとても恐ろしいことのように僕は思えるんだ。

 

僕は株式投資もやるけど(投資信託は大嫌いだけど)、内心は「紙の資産への投資っておっかないな」「不動産へ投資することよりもはるかにリスクが高いな」と思ってるよ。

 

僕は基本的には『投資』というものを肯定的にとらえるタイプの人間だよ。だけど、このような0円になる可能性のあるもの100%依存することは、たいへん危険なことだと思ってる。

それに比べると、不動産投資の場合はそこに行けば自分の資産を目で見ることもできるし、手で触ることもできる。「一夜にして資産がなくなっちゃった・・・」なんてこともない。

 

不動産というのは(読んで字のごとく)動かないんだよ!どこにも逃げたり、消えたりしない。REITは動くよね。何と言っても不動産投資信託なんだから。もしかしたら、一夜にして消えてなくなっちゃうかもしれない、、、

 

不動産価格も変動はするよ。株価と同じように暴落もする。不動産にも「評価額」というものがあって、それは年々変わってゆく。都市部の不動産の評価額は高くなる傾向があるけど、田舎の場合は低くなる。でも、まったくのゼロになるわけじゃない。

 

建物の評価額なんかは減価償却されてゆくので、年を追うごとに減少してゆく。当たり前の話だけど、『モノ』というのは必ず劣化してゆく運命にあるからね。

建物の老朽化が進めば、場合によっては解体しなければならないケースもあるよ。建物が消滅してしまえば、建物部分の価値はゼロになってしまう。

 

だけど一棟モノの場合、たとえ建物がなくなっても、まだ土地が残っるんだ! 土地は建物のように劣化したりしない。たとえ建物が消滅したとしても、土地が残っていれば、「まったく0円になる」なんてことはないんだよね。

 

次の日、現場に行ったら土地がこの世から消えてなくなっていた、、、、なんてことないでしょ?笑

この辺りの「資産がまったくのゼロになるわけじゃない」という部分が一棟モノの不動産投資の魅力だよね。

 

「不動産投資は現物に投資する投資法だからダメ」と言ってる経済評論家の人がいた。

でも僕は「不動産投資は現物に投資するから、他の投資法にはないメリットを享受できててイイ」と思ってる。

 

物事には必ず良い面と悪い面がある。

結局『すべては捉え方しだいで変わる』ってことなのかもね。

 

REITが不動産投資だって?

 

どこからどう見ても、投資信託でしょ。

それが証拠に、こちらのK.U.F.U.で結果に影響を及ぼすこともできないし、経費で落とせない手数料をたっぷり払わなければならない。

 

どこからどう見ても投資信託ですね。