サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は滅多なことではゼロになることがないものを扱う投資法

世の中には、「投資」の名の付くものって数多く存在するよね。そういった投資のなかで『不動産投資』という投資法は、かなり異質な投資法だと思う。

投資であることには変わりはないんだけど、ほかと比べると違う部分がかなりたくさんあるんだよね。

 

 僕が不動産投資がほかの投資といちばん違うなぁ・・・と思うところは、『現物資産が残る』というところなんだよね。現物資産が残るというのはいったいどういうことか? 

それは僕の解釈でいえば「資産価値がゼロになることはない」ということだよ。そう! 世の中にある投資法のなかで、唯一、不動産投資だけは資産価値が0円になることはないんだよ。

もちろん、売れる・売れないは別の話だよ。資産価値がいくらある不動産だって、市場で見向きもされないものもいっぱいある。どんな値段を下げても、一向に買い手がつかないというケースもあるよ。

でも僕がここで言ってるのはそういうことじゃないんだよね。

それに、僕がここで言ってる不動産というのは収益を生み出してくれるような投資用不動産のことを指している。だから、「値段をいくら下げても売れない」ってことはありえないんじゃないかな?

みなさんはもしも1円で売りに出されてるアパートがあったら、みなさん興味持ちませんか? 買う人がいますよね。

というか、土地と建物が1円になることって現実的にはあまりないよね。100円もないね。10,000円もない。10万円もないんじゃないかな。

今、不動産価格は高すぎる状態だよね。はっきり言って、バブルだと思ってるよ。でも、たとえこの不動産バブルがはじけて、不動産価格が大暴落したとしても、土地や建物は残りつづける。そして、その現物資産が残ってるかぎり、その土地や建物がタダ(=0円)で取引されることはないだろう。必ず値段がつくはずだよ!

たとえ建物の減価償却期間がなくなってしまったとしても、それでも0円で売りに出されることはない。必ずいくらかの値段がつくはずだよ。

さらに土地があったら、さらに高く売れるはず。建物はだんだん減価償却してゆくけれど、土地は減価償却しないからね。

もしも建物の値段が二束三文の値段だったとしても、土地の値段があるから大丈夫! 「土地がタダで取引される」ということは滅多に起こりえないこと。

だから僕はマンション投資って嫌いなんだよ。マンション投資って土地がないからね。相手にするのは建物だけになっちゃう。僕がずっと一棟モノにこだわっている理由は、そういった理由からなんだよ。

土地があれば、かなり安心だよ。よっぽどヘンな土地でないかぎり、更地にして売却することもできる。下手したらハウスメーカーが買い取ってくれるかもしれないよ。その土地のうえに新築のアパートを建築してもいい。あるいは、駐車場にしてもいい。

いずれにしても、土地はやっぱりいつの時代も最強なのです!

株や投資信託といった紙の資産の場合、ゼロになることは十分にあり得る。いざ売却しようとしたときに、含み益を抱えて売るに売れないということだってよくある。

このあたりを考えてゆくと、不動産投資というものの底知れぬパワーというものがだんだんわかってくると思う。だから銀行は不動産投資にだったらお金を融資するんだよ。

株や投資信託を購入する目的の人には銀行はお金を貸さないんだよね。