サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「古い物件はダメだ」というのがすっかり正しいことのように語られているけれど、、、

ワンルーム投資物件を選ぶ際に知っておいた方が良い6つのポイント という記事を読んだよ。

 

 

 

hedge.guide

 

 

最近の不動産投資にものすごく違和感を感じることがあるよ。

 

今はすっかり「築浅で、都会で、属性のいい人が好むような物件がいい!」って話になってるけど、僕からすると「おい、ちょっと待ってよ。いったい誰がそう決めたの?」といったカンジ。

 

そういう物件の方が『かえって危ない』という感覚。

 

みなさんの家の近所にもバンバン新築のアパート建ってるでしょ?

あれはどういう意味かということについて考えてみよう

 

わずか45年前にできたばかりの築浅物件の空室率が増えるってことなんだよ。

 

「属性のいい入居者」ってそんなにそんなにたくさんいないもんね。

 

古い物件はいいよ!

世の中には確実に「なるべく家賃の安い部屋に住みたい」という需要があるんです。

「ニーズのあるところに商機あり」です。

空室になってもすぐ決まります。

 

おまけにそういう物件を所有したがる大家さんがいない。

だから恐ろしく安い値段で取得できる。

だから利回りも高い!

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com