サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

親からの過度な期待やプレッシャーに関する悩みってツライよね

仕事の悩み、恋の悩み、人間関係の悩み、人生の悩み、etc・・・人はそれぞれいろんな悩みを抱えているものだよね。かく言う僕もこれまでの人生の中で実にさまざまなことで悩んできた。

 

でも数ある悩みのなかでも『親からの過度な期待に関する悩み』はもっとも根が深いものだと思ってるよ。

親からのプレッシャーに悩んできた人って結構いるもの。三島由紀夫さんもそうだったし、村上春樹さんもそれが原因で父親と絶縁状態が長くつづいたらしいね。

実は僕もそうだったんだよね。僕の両親は学校の先生をしていた。だから子供の頃からかなり厳しく育てられ、期待をかけられて育ったんだ。そして僕はその両親の期待に応えることができなくてずいぶん悩んだよ。僕が優秀だったら良かったんだけど、僕は落ちこぼれだったからね、、、

村上春樹さんも父親からは学業の道に進むことを期待されていたらしい。だけど春樹さんはその父親の望んだ道を選ばず、学生結婚をし、ジャズ喫茶を開き、その小説家になった。

春樹さんはこれまであまり自分の家族や生い立ちについて語ってこなかった。だけど、僕は彼の小説の端々から「父親に対する怒りや畏怖の念」みたいなものをずっと前から感じていた。

なんとなく、「僕と似たところがあるなぁ」と思ってた。だから僕も人とちょっとだけ違う道を選んだのかもしれない。僕も親から『いい大学に行って、いい会社に就職して〜』っていうThis is 日本的な生き方を期待されていたからね、、、

でもね、そういうことで悩むことって決して悪いことではなかったと思ってるんだ。よく言われることだけど、悩みは人を成長させてくれるっていうのは事実だと思うよ。

自慢するわけじゃないけど、僕もさんざん悩んできたクチだからね。

でもその悩みがあったおかげで僕は成長することができたと思ってるんだ。たくさん悩んで苦しんできたから今の自由と幸せを獲得することができたと思ってるんだ。

過去にどんなに苦しいことがあったとしても、今が幸せならばすべてがOKになっちゃうんだよ! だからもしもこの文章を読んでる人のなかで、今、苦悩の真っ最中にいる人がいたとしても、「いつかオレもきっとこいつ(僕のこと)みたいに、悩みから解放されるはずだ!」って思ってほしい。

悩んでるあいだはそんな心の余裕なんてないと思うけど、あちこちに頭をぶつけてるうちに人間というのはいろんなことを学んでゆくものなんだよ。そして自分なりの答えってやつを発見してゆくものなんだよ。

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com