サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資を本格的にやりたいと思ってる人は安易に会社を辞めないほうがいいと思うよ

脱サラした人間がこんなことを言うのはヘンな話かもしれないけれど、これから不動産投資を本格的にやろうと考えてる人は安易に会社を辞めないほうがいいと思うよ。

 

 少なくとも物件を買い増していって、「完全に軌道に乗った」という状態になるまではどんなに苦しくても勤め人であり続け、会社から給料をもらったほうがいいと思う。

 

さらに、できることならば軌道に乗ったあとも勤め人は辞めないほうがいいと思う。なぜなら、これから先の経済はますます先行き不透明な時代になってゆくのは間違いないことだから、、、

だから今まで以上に武装してのぞまないと、嵐に耐えられないと思うんだよね。やすやすと勤め人という武器を手放す必要はない。続けられるものならずっと続けたほうがいいよ。

 

不動産投資はメリットいっぱいの投資ビジネスであることは間違いないよ。僕に自由と幸せをもたらしてくれた素晴らしいものだよ。だけど、それ一本だけにしぼるというのはあまり賢いやり方じゃないような気がする。とくにこれから先は、、、

 

僕がはじめた頃と何もかもが違ってきちゃってるんだ。やっぱり勤労所得はあったほうがいいと思う。その勤労所得と不動産投資からの不労所得、この両方の収入源があってはじめて『安定』ってものが手に入るような気がするんだ。

 

サラリーマンはサラリーマンとして頑張って、出世して、給料やボーナスをより多くもらうようにする。そのいっぽうで、チャンスがあったらいい物件を買い増していき、家賃収入を増やしてゆく。両方がうまくいけば鬼に金棒だよ! きっと老後はかなり安定したものになるだろう。

 

幸いなことに不動産投資というのはサラリーマンをやりながらでもできるもの。不動産管理会社に物件の管理を任せてしまえば、こちらは特に何もやることはなくなっちゃう。ほかの商売だったらそういうわけにはいかないよ。まさかサラリーマンをやりながらラーメン屋やおでん屋はできないもんね。笑

 

僕の場合はいろいろな事情がからみあってサラリーマンの世界からドロップアウトする道を選んだ。もちろん、そのことは後悔していないよ。でも、それはあくまでも『僕の場合』であって、みんながみんな僕みたいな選択をすればいいとわけでもないよ。

 

僕は不労所得が偉くて、勤労所得が偉くないなんてこれっぽっちも思っていないよ。不労所得が正しくて、勤労所得が間違ってるなんてことも思っていない。どちらも所得であることには変わりはなく、お金には色はついていないんだよね。

 

僕の場合はきわめて特殊な例だよ。多くの人は二足のわらじでいったほうがいいと思う。

 

不動産投資はたしかにメリットはいっぱいだよ。また、上手にやれば大きな資産を形成できる可能性を秘めてるよ。でも、そこにリスクがまったくないわけじゃないんだ。そこには巨大なリスクが存在している。やっぱり銀行から何千万円も何億円も借金するんだからね。それがリスクじゃないわけがない。

 

会社からの給料やボーナスがあれば安心できることは確かだよね。もしも不動産投資のほうがうまくいかなくなったとしても、今までどおり給料やボーナスがあれば家族を路頭に迷わせることもない。

わざわざ自分からこのアドバンテージを放棄する必要はないよ!

 

ましてや、「これからもっともっと物件を増やしていきたい」という考えてる人は、勤め人という肩書きをやすやすと手放すべきじゃないよ。やっぱり銀行は不動産投資だけで生活している専業の大家さんよりも、他にきちんとサラリーのある兼業大家さんのほうを好むからね。

 

きちんと定期収入があるという状態は審査のうえでもアピール・ポイントになることは間違いないよ。賃貸経営というのは銀行から融資してもらわないことにははじまらないからね。物件を手に入れるためにはどうしても銀行のお金を利用せざるを得ないんだ。

 

だから、自ら属性を悪くする必要はないんだよ。勤め人のままでいたほうが銀行の審査が通りやすいことは間違いないよ。

サラリーマンの世界から卒業したい!という気持ちはよくわかるけどね。

 

でも、人生は賢く生きなきゃね。「何がいちばん賢い選択なのか?」ということを考えた場合、僕は勤め人を続けてゆくことこそが賢い選択だと思うよ。

せっかく不動産投資はサラリーマンをやりながらでもできるものなんだから、それを最大限に利用しようよ!