サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は不労所得だからサラリーマンをやりながらでもできる

不動産投資(賃貸経営)というビジネスは、ほかのビジネスに比べて圧倒的にかかる労力は少なくて済むんだよね。 

不動産投資がよく「不労所得」と言われるゆえんがそこにある。

 

僕が思うに、こんなに労力がかからないのにこんなにたくさんの収入を得ることができるのは不動産投資をおいてほかにはないんじゃないだろうか、、、、

 

だから不動産投資はサラリーマンをやりながらでもできるんだ。ほかのビジネスだったら、サラリーマンをやりながらやるのは相当大変だと思うよ。賃貸経営がリーマンをやりながらでもできるのは、不労所得を得られるからなんだよ。

 

僕の知ってる大家さんも勤め人を続けながら家賃収入を得ている人が何人もいるよ。僕みたいな専業でやってる大家さんはマレだよ。

 

何の商売でもそうだけど、通常はそのビジネスをいったんスタートさせちゃったら朝から晩までそれにつきっきりになるよね。それがラーメン屋だろうが、学習塾だろうが、エステ・サロンだろうが、カフェだろうが、ね。

 

普通は自分の商売・自分の事業に全身全霊を傾けるものだ。あっちもこっちも、というわけにはいかないもんね。とてもじゃないけどサラリーマンをやりながら片手間に、、、、といった具合にできるものじゃない。

 

でも賃貸経営の場合にはそれができるんだよ。これが不労所得というもののメリットであり、魅力なんだ。僕はこの不労所得のメリットを活かして、サラリーマン時代に不動産投資をやりはじめたんだよ。普段は勤め人をやりながら、同時にアパートのオーナーとして家賃収入も得ていたんだ。

 

アパートのオーナーをやってみて実感することは、『アパートのオーナーは暇だ!』ということだよ。裏を返せば、それだけ自由な時間を確保することができるということでもある。

 

なんせ不労所得だから、時間だけはたっぷりあるんだよ。自主管理をしている大家さんなら、いろいろ忙しいかもしれないけれど、僕は不動産管理会社さんと管理契約を結んで、手数料を払って物件を管理してもらってる。管理会社に物件の管理を任せてしまえば、オーナーは何もやることがなくなっちゃうんだよ。

 

家賃の管理、物件の清掃、見まわり、クレーム対応、トラブル解決、etc、、、、全部、管理会社の方でやってくれちゃうんだ。

 

アパートのオーナーは毎月管理会社の担当者から報告を受けるだけ。あとは通帳を記帳するだけ。労力なんてほぼゼロだよ! たまに工事の打ち合わせで物件に行ったり、

税理士先生のところに行ったりはするけど、それも月に1回2回程度。それ以外は何をやっているのかというと、自由を謳歌しているんだ。笑

 

スポーツジムに行ったり、図書館に行ったり、スタバでコーヒーを飲んだり、のんびりブログを書いたり、昼寝をしたりね、、、

管理会社には家賃の3%の手数料は取られるけど、その手数料分も入居者の家賃で相殺される。しかも、その物件を取得するときには自己資金はほとんど入れてない(ほとんど銀行借入でまかなっている)から、僕のフトコロはいたんでいない。

 

同じ手数料でも、投資信託を保有しているだけで取られる信託報酬とはえらい違いなんだよね。あっちは自己資金で購入するでしょ? まさか投資信託を購入するために借金をする人はいないよね。銀行も投資信託を購入する目的では絶対にお金を融資しないしね。笑

 

そう考えると3%の手数料なんて安いものだよ。

こんなことができるのは不動産投資だけ。

 

僕のここに気づくことができたから、不動産投資なんてものをやっているんだよ。

 

僕は『世の中に不労所得というものがある』ということを知って、ガツンと頭を殴られたような気がした。

自由、幸福、自分が求めているもの・・・・すべてがそこにあるような気がした。

 

そこから僕の不労所得を求める旅がはじまったんだよね。

すべては好奇心のなせる技だと思う。

 

「ワクワク」こそがすべての鍵だと思う。