サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資だけで家族を養ってるわけじゃない専門家の投資アドバイスって本当に信頼できるの?

「つみたてNISA」」はなぜ20年もの長期運用なのか という記事を読んだよ。

 

 

diamond.jp

 

『質のいい資産』を手に入れることさえできれば、労働時間を大幅に減らすことができるよ。自分の代わりにその資産が働いてくれるから。

 

でも投資アドバイザーの多くは「30年も40年も働きつづけて、積み立てて、複利で運用しろ!」と言う。

このパラドックスをどう解釈する?

 

 

『投資アドバイザーの多くは専業投資家ではない』というパラドックスにもっと注目した方がいいと思うよ。

そんなに投資に長けているのなら、なぜその投資からのリターンだけで生活できていないんだろう。

 

そのアドバイスに従って、僕らは本当に『実利(実際の現金)』を手にできるんだろうか。

 

 

その人の経歴なんかはどうだっていいんだ。東大を出ていようが、ハーバードを出ていようが、MBAだろうが、NBAだろうが、そんなことは僕らが『質のいい資産』を手にすることとは一切関係ないんだよね。

 

僕の知り合いの中卒のお爺ちゃん大家さんの方がよっぽどその人より金持ちだと思うよ!

 

『権威バイアス』には注意しよう。

学歴や資格や肩書きだけで大金持ちになれるなら、資本主義はイージー・ゲームだった。

 

でもね、話はそんなに簡単じゃないんだよね。

 

 

投資の専門家のほとんどが「勤め人」か「個人事業主」の世界に属している。

つまり、『勤労所得』で暮らしているんだよね。

だから、その人は「働き続けろ」と僕らにアドバイスする。

60歳まで、65歳まで、70歳まで

 

死ぬまで株式市場をあてにしながら。

ずっと株式市場の崩壊にビクビクしながら。

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com