サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

逃げても隠れても未来は勝手にこちらに向かってやって来るから闘うしかない!

働き方改革って本当に必要なの? 「長時間労働=成果」という考え方を変えなければいけない理由 という記事を読んだよ。

 

 

 

www.excite.co.jp

 

悩めるサラリーマンっていっぱいいるよね。

だけど多くのサラリーマンが「どうすることもできない」って言うよね。

 

本当にそうかな?

本当に襲いかかる人生の難題に対して、何の手立てもないのかな?

 

僕はバッターボックスに立ってないだけじゃないかって思うときがある。

 

未来って、勝手に向こうからやって来るんだよね。

時間を止めることができたら、どんなにいいだろう。

ツライ現実に目を背けて、耳をふさいでさえいれば問題が解決できたら、どんなにいいだろう。

 

でも、そういうふうにはいかないんだ。

時間は止めらないし、現実は明日もやって来るんだよね。

 

人間はどこかで闘わなきゃいけない。

ピッチに降り立たなきゃいけない。

それはものすごく大変なことだよ。

リスクもハンパないよ。

 

だけど、いつまでも逃げ隠れしていたって、未来は勝手にこちら側へ迫ってくるんだよ。

メソメソなんかしてたら、あっという間に根こそぎ持っていかれちゃうんだ

 

社会は厳しいんです。現実は過酷なんです。

学校という閉じた空間にいるうちは勉強で優秀な成績をおさめてさえいればチヤホヤされたかもしれない。

 

でも、一歩社会に出たらそういうわけにはいかないんです。

 

 

「センター試験の上位から順に幸福になれる」という世の中だったらどんなに良かっただろう。

でも、世の中はそんなふうにはなっていないんだよね。

 

だったら、やるしかないよね。

バッターボックスに立って、一発ホームランを打つしかないよね!

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com