サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

アパート経営は副業ではないから、サラリーマンをやりながらでもできる!

僕は2010年の暮れにそれまで勤めていた会社を辞めて、自分の会社を設立したんだよね。年が明けてすぐに東日本大震災があったからよくおぼえている。いわゆる『脱サラ組』ってやつ。

 

 僕が選んだビジネスというのはアパート経営というものだったんだ。僕はこのビジネスをやったおかげで会社を辞めることができたし、10年近く経ったいまでもこうして毎日ハッピーに暮らすことができているんだ。

でも僕の選んだアパート経営というビジネスは別にサラリーマンを辞めなくてもできるビジネスだよ。どこかの会社に勤めながらでも十分できるビジネスだよ。

実際、僕も法人を立ち上げる前までは会社員をやりながら同時並行でこのビジネスをやっていた。ほかのビジネスのようにそのビジネスに付きっきりにならなくても、十分まわしていける世にも珍しい商売なんだよ。

たとえばラーメン屋とか、学習塾を経営するとなったら四六時中そのビジネスに付きっきりになってないといけないよね。でもアパート経営はそんなことしなくてもいいんだ。サラリーマンをしながらでもできるんだ。

最近ようやく解禁になってきたけど、まだまだ多くの会社が『副業』というものを禁止しているよね。自分の会社以外のところから所得があることを良しとしない風潮がいまだに支配的だ。

でも、アパート経営はそういう世間一般で言われるところの『副業』とはちょっと違うんだ。入居者さんからいただく家賃というのは「給料」とは違うんだ。

それに、その家賃を得るために労力もほとんどかからない。信頼できる不動産管理会社と管理契約を結ぶことができれば、大家さんはほとんど何もすることはなくなる。不動産投資が不労所得であるとよく言われるゆえんがここにあるんだよ。

大家さんは不動産所得を受け取るのであって、給与所得を受け取るわけではないんだ。だから、副業とはちょっとニュアンスが違うんだ。もしも不動産所得が副業に該当しちゃうのなら、転勤などで家を人に貸して家賃収入を得ることもダメになってしまうよ。

あるいは、サラリーマンが相続か何かで突然、家賃収入を受け取ることになった場合もダメってことになってしまうよ。

入居者さんから家賃を受け取ったら、きちんと確定申告をすればいいだけの話。その確定申告の用紙には会社からもらっている給料と、アパートからの家賃収入とを記入する欄がきちんと設けられている。

だから、家賃収入のある人はビクビクする必要はないんだ。会社にも堂々と「これは副業ではない」「会社には迷惑をかけない」「時間や労力が取られるわけではない」と説明することができる。

ただし、あまりにも過剰に物件を持ちすぎてしまった場合、ちょっと話は変わってくる。給与所得と不動産所得はたしかに違うものだけど、何棟も何十棟もアパートを所有し、尋常じゃない額の家賃収入を得ていた場合はちょっと問題になるかもしれない。

そこまでいくと、もう完全に『事業』ということになってしまうから、、、

この辺りは気をつけなければいけないことだよね。ちょっと前に消防士さんがアパートをたくさん保有して問題になったことがあったよね。そのあたりの規模については慎重に考えてゆく必要があるよね。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com