サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

安全を求めれば求めるほどチャンスが遠のいてゆく法則

(当時の)僕よりも高属性で年収が高く、勉強もできるのに目の前に転がってるチャンスが見えていない人ってゴマンといる。

 

そういうハイスペな人にこそ銀行は「お金を貸したい!」と思ってるのに。

 

『銀行というのはお金を出し入れする場所で、お金を借りる場所じゃない』と思い込んでいるんだ。

 

 

安全を求め、リスクを避けようとすればするほど、チャンスはどんどん逃げてゆく。

 

どこかの時点で頭に刷り込まれちゃったんだ。

それで「ガチッ!とロックされちゃった

 

マネー雑誌のせいかな?

親のせいかな?

学校の先生のせいかな?

上司のせいかな?

 

やっぱり商売をやる以上、『覚悟』といったものが必要になると思う。

命がけだよ。

簡単じゃないよ。

 

連帯保証人も頼みたくない、共同担保も嫌だ、属性も良くない

それじゃ銀行も困る。

 

自己破産覚悟で臨まなければ!

どんな商売もそうだけど簡単ではない。

 

簡単だったらみんな成功してるよね。

 

新築築浅物件に入居するのは転勤族のサラリーマン、公務員といった、ぞくに言う「しっかりした人」だよね。

でもそういった物件の空室が増えている。

 

すぐ近くに同じような家賃でもっといい新しめの物件があるからね。

属性のいい入居者の取り合い合戦が起こっているんだ。

 

僕はそういう消耗戦に参加する気はサラサラありません。

 

アパートローンを組むときに連帯保証人を求められる。

当然、人は連帯保証人にはなりたがらないから第三者にお願いすることは不可能だ。

 

親などの身内になってもらうのが一般的だが直前になっていきなり言っても拒否される。

だから融資を受けるずっとずっと前から事前に打ち合わせをしておくようにしよう。

 

親に連帯保証人になってもらうからにはきっちりと不動産投資とはどういうものなのかを説明して納得してもらう必要がある。