サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『桐島、部活やめるってよ』を観て思ったこと

 

桐島、部活やめるってよ
 
桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

 

 

 


映画『桐島、部活やめるってよ』予告編

 

 

人生でいちばん大切なことを忘れかけていたよ。

 

他人と比べてどうのこうのなんて関係ねぇんだよ。

自分の好きなことをやっていればそれでいいんだよ。

 

いちばん重要なことを忘れて卑屈になってた。

劣等感に苛まれていた。

まわりのことばかり気にしていた

 

ありがとう。

よくわかったよ。

 

『桐島』『何者』『いまを生きる』、そして『カメラを止めるな!』

 

僕の人生に影響を与えたこれらの作品って、みな同じようなテーマを扱ってるよね。

だから好きなのかな。

 

それは「情熱を注げるもの・夢中になれるものを見つけろ!」ってこと。

 

僕もそれが人生の問題を解くカギだと思います。

 

『桐島、部活やめるってよ』ってつくづく不思議な映画だと思う。

僕みたいに人生が変わっちゃうくらいの衝撃を受ける人。

 

「ピンとこなかった」「何を言いたいのかわからなかった」「よくわからなかった」という感想を抱く人。

この二つの感想に真っ二つに分かれる映画だった。

 

ヒエラルキー?

勝ち組グループ?

 

そんなことは人生にとって本当はどうだっていいことなんだ。

いちばん重要なことは、自分が心の底から楽しめるものを発見し、それをやれているかどうかだよね。

 

もしそういうのが見つかっているのなら、もうそれだけで幸せな人生なんだよ。