サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「金利が安いから」という理由だけで不動産を買おうとするのはかなりアブナイ

今、どのマネー雑誌をめくっても「不動産投資が熱い!」といった内容の特集記事が組まれてるよね。僕はそれらの記事を読むたびに、リーマン・ショックや東日本大震災の頃に対面した売主さんの青ざめた顔を思い浮かべるよ。

 

そういった不動産投資の記事を読み、それに触発され、不動産の世界に足を踏み入れた人たちが近い将来、僕が対面した売主さんと同じような目に遭わなければいいんだけど、、、、

 

でも、このままでいったらきっと同じ道をたどることになるだろうな。

僕は今の不動産を取り巻く状況を静かに見つめているよ。とてもじゃないけどそこに参加しようとは思わない。今、不動産を取得にしようという気分にはとてもなれないんだ。

 

むしろ僕は今は動きたくない。だから、ここ数年は物件を売却してばかり。ただの一つも不動産を取得していないよ。「今は動くべきじゃない」「今、動いたら危ない」と思っている。

 

今の不動産価格は僕に言わせれば異常の域に達しているよ。こんなに値段が高くなってしまったら、とてもじゃないけどキャッシュフローなんて出ないはずだよ。そうなったら安定した賃貸経営なんて夢のまた夢なんだ。

 

利回り7%とかでも「高い」って言ってる人がいたな。僕にてはとても正気の沙汰とは思えない、、、

強気相場ほど用心しなければいけないのは株式相場といっしょだよ。イケイケのあとは必ず手痛いしっぺ返しが待ってるもの。僕はいつもブログやツイッターなんかで警鐘を鳴らしいるんだけど、その僕の警鐘に耳を傾ける人はあまりいないみたいだ。

 

みんな我が世の春を謳歌してるよ。不動産市場でも、株式市場でも、楽観主義が大手を振って歩いてる。みんな目の色を変えてゴールドラッシュを目指して闊歩している。非常に危険な状況だと僕は思ってるよ、、、、

 

銀行はマイナス金利政策のあおりを受けて、不動産を取得しようとする人に対して驚くほど安い金利でお金を貸し付けてるよね。僕はあれも相当アブナイと思ってるんだ。借りる方からすれば確かに金利が低いのは喜ばしいことかもしれない。

 

だけど、そのおかげで「不動産投資をやりたい!」という素人投資家が市場にどんどん参入してきて、不動産の値段を釣り上げてるんだ。おかげで物件の数が不足し、異常とも思えないような値段で不動産が取引されてるんだ。

 

そして、最近マネー雑誌に触発された素人投資家が喜び勇んで、目いっぱい吊り上がった価格の物件を買っていっているんだ。かなりアブナイ状況だと思うよ。