サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

いちばん大事なのは借金の額ではなく、借金をする時期

僕は個人・法人を含めて10棟以上の不動産物件を所有していたことがあった。それは裏を返せば、「それだけたくさんの借金をしていた」ということでもあるんだ。

 

 不動産というのはかなり高額になる。だから、だいたい想像つくと思うけど、不動産を10棟も所有するとなったら合わせて相当な額の借金を背負い込む事になるんだ。余裕で3億円を超えるよ。

 

それは考えようによってはとんでもないことのように見えるだろう。普通の人の感覚からすれば、「とても正気の沙汰とは思えない」ということになると思うよ。でも僕は借金の額はそれほど問題ではないと思ってるんだ。

 

不動産ビジネスをやる以上、借金というのはついてまわるんだよ。心配した義理のお父さんも、いつも会うたびに「その借金はいつ完済するんだ?」と聞かれる。そのたびに僕は「お父さん、借金は永遠に完済しませんよ。それに僕には完済するつもりもありません。ずっとずっとついてまわるんです」と言う。

 

そして義理のお父さんはいつも苦虫を嚙みつぶしたような顔をするんだ。不動産投資を本格的にやるっていうのはそういうことなんだよ。

 

ここは覚悟しなければいけないことなんだ。ここの踏ん切りがどうしてもつかない人は不動産投資なんかやめた方がいい。別の方法で自分のお金の問題を解決するしかないよ。ここを割り切ることができず、借金を抱えるのがどうしても嫌な人は不動産にはいっさい近づかないほうがいい。

 

借金というのはもろ刃の剣だからね。上手に取り扱える人にとってはすごく重宝されるものだけど、下手くそな人にとってはただただ危険なもの以外の何ものでもないからね。ときどき、不動産をキャッシュで買おうとする人もいるけど、僕に言わせればこれほど愚かなことはないよ。

 

よっぽどのお金持ちや何らかのかたちで大金が転がり込んできた人なら別だけど、そうじゃないんだったら現金で不動産を買うという方法はあまり賢いとは言えない。『レバレッジ』という不動産投資特有の魔法を使わずじまいになってしまうからね。

 

だから多くの不動産オーナーは銀行からお金を借りることによって物件を手に入れているんだ。だから、物件の数が増えれば増えるほど、借金の額も増えていっちゃうんだ。でもいちばんの問題はそこじゃない。

借金というのはきちんと返済できればそれほど恐れる必要はないんだよ。いちばんの問題はその借金をした時期(=つまり、物件を取得した時期)だよ! 

 

この時期を間違うと、とんでもないことになる。借金の額を気にするくらいなら、借金の時期を気にしたほうがよっぽど不動産投資は成功するよ。

だけど、みんな借金の額ばかり気にするんだ。そして借金の額が増えれば増えるほど心配になる、、、、でも、いちばん心配しなきゃいけないのは借金をする時期。物件を取得する時期なんだよ。

 

そしてここ数年の不動産価格の高騰時というのはもっとも不動産を取得してはいけない時期だったんだ。早い話がここ数年は不動産投資家にとって最悪の時期だったというわけ。

ところが、みんなそのことには注意を払わず、「借入総額が1億円を超えたから、そろそろ打ち止めだ」とかそういう借金の額の話ばかりしているんだよ。