サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生の選択で迷ったら、「正しい」よりも「楽しい」のほうを選ぼう!

人生には「たまたまうまくいった」ということもあるのかもしれない。でも、ほとんど場合そういうことってまず起こらないものだよ。

 

やっぱりうまくいく時というのはそこには必ず「うまくいくだけの理由」のようなものがあるんだ。ただなんとなく・・・だけじゃやっぱりうまくいかないものなんだよ。 

 

幸せを手に入れたり、楽しい状況を作ったり、自由を感じたりすることができるのってやっぱりその人がうまくいく選択をして、うまく方向へ舵を切ったからだと思うんだよ。そうじゃなきゃとてもじゃないけどたどり着くことなんてできないって! 

 

うまくいくような選択をしたからこそ、それを手に入れることができた。逆に言えば、いま何かがうまくいってない人というのは、うまくいくような選択をしてこなかった人なんだと思う。

 

選択の機会は与えれていた。それなのに、うまくいく方の道を選ばずにうまくいかない方の道を選んじゃった・・・・

ため息と悩みと、苦しみを感じる方を選んじゃった。その結果が今の状態となって現れているんだと思うよ。

 

たとえば、仕事のことで悩んでる人がいたとするよね。「そんなに嫌なら辞めれば?」って僕は思うんだよね。でもその人と話をすると必ず「いや、そんなことできっこない!」って言うんだよ。

 

たとえば、結婚生活のこと苦しんでる人がいたとするよね。「そんなに苦しんだったらその人と離婚しちゃえば?」って僕は言うんだよ。でもその人は絶対にこう言うだ。「いや、それだけは絶対に無理!」って。

 

うまくいかない方の道を選択しておいて、うまくいくわけがないんだ。苦しむほうの選択をしておいてハッピーになれるわけがないんだ。

自分の人生をうまくいかせたいんだったら、やっぱりうまくいかせる方へ舵を切ってあげないとね!

 

悩んだり、苦しんだりすることで成長することは確かにある。

でも「ずっと悩み、苦しみ続ける」というのは良くない。

それは『自己否定』につながる。

 

悩んでる時の自分、悩んでない時の自分

苦しんでる時の自分、苦しんでない時の自分

 

どっちの状態の自分も認めてあげよう。

 

人生の分かれ道に差し掛かった時、自分が楽しい!と感じる方を選ぶようにするといいよ。

「面白い・面白くない」で選んでもいい。

 

損得勘定や、「正しい・正しくない」で選ぶと、たいがいうまくいかない。

 

いちばん良くないのは『人の目線』で選ぶこと。

自分の心より、人からどう見えるかで選ぶこと。