サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

あんまり人の言うことを真に受けないほうがいいよ!

僕が選んだビジネスは不動産投資ビジネスというもの。いわゆるアパート経営と呼ばれてるやつね。

 

このビジネスのいいところはいろいろあるよ。まず一人でできること。従業員を雇わなくてできちゃうんだ。さらに勉強が落ちこぼれでもOK! 学歴はいっさい関係ないんだ。

 

さらに、どこかに店舗や事務所を構える必要もない。在庫を抱える必要もない。営業して歩かなくてもいい。そして、うまくやればどこまでも青天井に売上を伸ばしてゆくことができるんだ。

家賃収入というインカムゲインと、物件を売却することによって得られるキャピタルゲインの両方を手にすることもできる。

 

はっきり言って、こんなに素晴らしい商売は他にはないと思ってるよ。僕はこのビジネスのおかげで成功できたと思ってる。だから僕はこうして自由気ままな毎日を送ることができているんだ。

 

そんなのんびりした毎日の中で僕がいつも考えるのは、「どうしてあの時(脱サラ起業するとき)まわりの人たちはあんなに僕のことを非難したんだろう?」ということ。それから「どうして親や学校の先生やまわりいる大人たちは『勉強ができない人間は幸せにはなれないぞ!』と言い続けたんだろう?」ということ。

 

どちらも未だに謎が解けていない難題だよ。僕はこの日本人の『会社に対する忠誠心』と『学歴偏重主義』が多くの人が抱えている問題の根源にあると思っているんだ。

日本人の仕事と勉強に対する帰依心は本当にすごいものがある。Twitterやブログでもちょっと仕事や学力に対して何か意見を言っただけで、どこからともなく信奉者たちが飛んでくる。

 

だけど、ビジネスの世界に身を置いてみると、人間が豊かに幸せになることと仕事と学力とはいっさい相関関係にないことがわかる。僕はこれまでに何十回も銀行から融資を受けてきたけど、これまでただの一度も支店長から僕の学歴のことを問われたことはないよ。

 

銀行にとって僕が大学卒だろうが、中卒だろうが、そんなことはどうでもいいことなんだ。僕がきちんと貸したお金を返済できる人間なのかどうか。それが彼らにとっていちばん重要なことなんだ。

 

会社を設立してから10年が経ったよ。僕が脱サラ起業しようとしたとき、僕のことをバカにした連中はきっと僕がつくった会社が10年ももつなんて夢にも思わなかったんじゃないかな。

 

僕は読者のみなさんにぜひ言っておきたいことがあるんだ。それは「人の言うことはあまりに真に受けない方がいいよ」ということ。自分を信じて、好きな道を突き進んでほしい!