サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

頑張れば頑張ったぶんだけリターンがあるから事業家はいい!という話

実際に事業家になってみて思ったのは「なんでもっと早く事業家にならなかったのだろう?」ということだったよ。

 

これは商売人がラクな稼業だという意味ではないよ。常にリスクと隣りあわせに生きなきゃいけないし、実際にビジネスで成功をおさめられる人なんてほんとひと握りしかいないとことも知ってるよ。

だけどビジネスの世界はやっぱりやればやっただけ自分にリターンがある世界なんだ。それはサラリーマンの世界との決定的な違いだね。

サラリーマンの世界にもたしかに「歩合」というものや「昇格」というものはあるよ。でもね、それは限定されたものなんだよね。青天井ではないんだ。

やっぱり自分が勤めてる会社やその会社の社長が儲けのほとんどを持っていってしまう。そして頑張って働いて給料が増えれば増えるほど、超過累進税率のせいで税率も高くなってしまい、より多くの税金をおさめなければならないんだ。世の中がそういうシステムになっているんだよ。

つまり、みなさんが頑張れば頑張るほど本当に喜んでいるのはみなさんが勤めている会社なんだよ。別の言い方をすれば、みなさんは自分自身を金持ちにするために働いてるんじゃないんだよ。みなさんが勤めている会社の社長を金持ちにするために働いているんだよ。

そしてサラリーマンでいる限り、その構造から抜け出すことができないんだ。僕がいくら頑張ったとしても、いちばんおいしい想いをするのは僕じゃないんだ。「給料を得る」ってそういうことなんだよ。

ところが事業家になればそういう世界にオサラバすることができるんだ。やればやっただけ自分の手元にお金が残るんだ。誰にも搾取されない。パン屋にしろ、学習塾にしろ、ラーメン屋にしろ・・・・

自分で商売をやることの最大のメリットってこれなんだよね! それは僕にしてみればすごく魅力的なことのように思えた。すごく夢のある世界の話のように思えたんだよね。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com