サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕がまわりの反対を押し切って事業家になった理由

僕は38歳のときに脱サラして起業したんだけど、そのとき散々まわりから「バカだ」「マヌケだ」「世間知らずだ」って言われたよ。「絶対にうまくいきっこない」「そのうち行き詰まるに決まってる」ってね、、、

 

でも僕は考えたんだよね。どうせ苦労するんだったら自分の好きなことをやって苦労しよう!ってね。サラリーマンをやっていたって大変なことっていっぱいあるんだよ。

通勤ラッシュ、社内の人間関係、上司からのいびり、営業ノルマ、サービス残業、休日出勤、くだらない会議、接待、それやこれやが原因のストレス、、、、

 

『この会社は楽園みたいなところだ!』といったような超ウルトラ・ホワイトな会社のサラリーマンだったら、僕も死ぬまでリーマンをやっていたと思うよ。でも幸か不幸かそうではなかったんだ。

 

サラリーマンもラクじゃない。事業家もラクじゃない。どっちもラクじゃない。だったら僕は「事業家になって苦労した方がいいな!」って思えたんだよね。

もしもサラリーマンをしていた方がラクで楽しいんだったら、わざわざ事業家になんかならなかったかもしれないよ。でも間違いなく僕はサラリーマンには向いてないタイプの人間だったし、サラリーマン生活にほとほと嫌気がさしていたから、思い切って会社を辞めたんだよ。

 

人生80年。どうせ死ぬんだったら本当にやりたいことをやって死んでやろう!って思ったんだ。半分やぶれかぶれみたいなところはあったよ。笑 みんなから反対されたしね。でも僕はその反対を押し切ってわがままを通したんだよ。

 

こればっかりはもうその人の人間性というか、その人の性質みたいなものが大きく影響してくるところなので、正解はないと思う。実際、脱サラして何人もの人が失敗しているのも事実だしね。

 

もしかしたら僕はたまたま運が良かっただけなのかもしれない。でも、いずれにしても僕はリーマンの世界に背を向ける決断をして良かったと思ってるよ。