サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『脱サラ』はやろうと思えば誰でもできる。そんなにむずかしいことじゃない

みなさんは今、「本当はサラリーマンなんかやめちまいたい!」と思っているのに常識とか世間体とかが気になって思い切って行動できない状態におちいっていませんか?

 

あるいは本当は自分で事業を興してビッグになりたい!という夢を持っているんだけど、奥さんや子供のことが気になってなかなか踏ん切りがつかないということで悩んでいるかもしれないね。

 

僕は北海道で小さな会社を経営している中小企業経営者に過ぎない。だけど今、すごく幸福だし、自由だし、毎日がすごく充実していて楽しいよ! 

それもこれも僕がどこかの時点で『脱サラ』という大きな決断をしたからなんだよね。もしもあのとき、あの決断をしなかったら、今のこの幸せや自由は手に入っていなかったよ。

 

僕はときどき「あの時、決断していなかったら僕の人生はどうなっていただろう?」ということを想像するんだ。間違いなく僕は今でも暗い顔をして、ため息をつきながらサラリーマンとして働いていてはずだよ。

 

もしも読者のみなさんのなかで僕のような生き方をしたいと思ってくれる人がいるのなら、その人はどこかの時点で腹をくくらなければいけない人だよ。それは容易なことではないと思う。それは「いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げて・・・」というThis is 日本的価値観に真っ向から対立する生き方だからね。

 

でもね、実はそれはそれほどむずかしいことじゃないんだよ。やってみれば誰でもできることなんだ。実際には「なーんだ、大したことねぇじゃん」といった具合のものなんだよ。

 

それなのに、それを「むずかしいものだ」「とんでもないものだ」と思い込んでいるのが大多数の日本人なんだよ。まずはそのことをしっかりと認識すること。親や学校の先生、親戚のおじさんやネットの意見なんかに惑わされないこと。

 

間違いなく言えることは、いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めてさえいれば幸福になれた幸福な時代ってやつは、もうとっくに終わってしまったということ。そのことだけは肝に命じておかなければならないよ。