サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が不動産投資をやるときに最初から一棟モノにしぼって探してきたこれだけの理由

僕が一棟モノにこだわってやってきたのは、『もしも地震や火事で建物がなくなっても、最終的には土地が残る』と思ったからです。

 

一棟アパートが建つくらいの土地って言ったら、だいたい想像つくと思うけど「それなりの大きさ」になるよ。

よって資産価値の面から見ても一棟モノっていいんだよね。笑

 

戸建てはいいと思います。

賃貸営業してたときも「戸建てじゃなきゃイヤだ」というファミリー層の方とたくさん接してきました。

 

上手くやれば20%以上の利回りになるうえに、長期で入居してくれるからめっちゃ儲かる。

僕の知り合いでもこれ専門でやってる人いますね。

 

区分所有は個人的にはあまり好きではありません。

修繕積立金がキャッシュフローを悪くさせるからです。

それに実際に工事をやるときに、「修繕積立金が不足しているからもっと出してくれ!」と管理組合に言われる可能性もゼロじゃないからね。

 

でもその代わり、こういう戸建てや区分所有って、ある程度『数(ロット)』を増やさなきゃ賃貸経営としては安定しないんだ。 

それを10コも20コも増やすのって結構大変よ! めんどくさいし。笑

 

ぼくの知り合いにもやってる人いるけどね。

 

広い土地の物件は銀行も喜ぶよ!笑

銀行はほら、僕らよりもリスクを嫌うところあるからさ。

安心したいんだよ。

 

本社からOKをもらわなくちゃ、成績にも響くんだ。

彼らの気持ちも汲んであげようよ!笑

 

ざっくばらんな話、彼らは「広い土地(の抵当が)ほしいと思ってるんだ。

 

つまり、ぼくらが一棟モノをやれば彼らのニーズも満たしてあげることができるということになります。

 

だから俄然と彼らも気合も入るし、審査も通過しやすくなる!

 

お互い利害関係が一致してるんだよね。笑

商売は「持ちつ持たれつ」でいかなくちゃ!

 

 

ぼくがいつも『物事はでっかいスケールで考えろ!』と言うのはそういった理由もあります。笑

 

 

 

 

 

僕はずっと一棟モノにこだわってきたけど、その理由は家族を養う必要があったから。

最初から給料に相当する稼ぎが必要だったんだ。

 

そのために僕は最初からスケールのデカイ取引をし、大きなリスクを背負った。

結果的にはそれが功を奏した。

 

最初からホームランを狙って打席に立って良かったよ。

 

一棟モノのいいところは銀行が味方になってくれるところ!
何しろデカイんで積算評価も高くなり、審査が通りやすいんだ。

 

おまけに僕は敬遠されがちのボロ物件を好むため、恐ろしく売買価格が安い。
部屋数も20コも30コもあるので、空室が出ても安定経営が続く。

 

おまけに土地も広いので高く売却しやすいんだよね。

 

一棟モノの不動産投資のメリットは、『土地が手に入る』というもの。

それだけに「土地の評価額」にはぜひ注目してもらいたい! 

 

 

主な公的な土地の評価額はこれらを参考にするといいよ。

 

・路線価  国税庁

・公示地価  国土交通省

・固定資産税評価額  市町村

・基準地価  都道府県

 

 

 

ただし、これはあくまでも数字上の話。

実際に自分の目で確かめなければダメですよ!

 

評価額が高くても、日当たり、周辺環境、匂い、騒音、前面道路……いろんな角度から総合的に見なければいけない。

 

「わーい、評価額が高いぞ! 銀行も喜ぶぞ!」といった具合に判断したら大変なことになるよ。笑