サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は減価償却という魔法を使うことができるので有利!という話

みなさんは『減価償却』というものがいかにすごいものであるか知ってますか? 「聞いたことはあるけど、具体的には何のことだかよくわからない」という人もけっこういるんじゃないかな。

 

もしそうだとしたら、すごくもったいないことをしているよ。はっきり言ってこの減価償却を味方につけることができるかどうかで、お金持ちになれるかなれないかが決まると言っても過言ではないよ。

 

僕も最初はよくわかっていなかったんだ。そのメリットとか、本当のスゴさというものも後から知ったんだ。物件を取得して、税理士先生とあーでもないこーでもないとやってるあいだに「こりゃ、とんでもないバケモノだ!」ということにだんだん気づいていった・・・・という経緯がある。

 

それくらいこの減価償却って普段、僕らの日常のなかでは登場しないものなんだよ。ほとんど陰に隠れてる存在なんだよ。だけどいちばん大事なときにその威力を発揮してくれる、ありがたい存在なんだ。

 

いわば『縁の下の力持ち』的存在なんだよ。そして、この減価償却というものが持っているパワーを目一杯使うことができるのが、不動産投資・アパート経営の最大のメリットなんだ。

 

この減価償却のおかげで、僕たちアパートのオーナーはとても助かっているんだ。そして、ほかの人よりも圧倒的に有利な立場に身を置くことができているんだ。

 

残念ながらこの減価償却というものは株や投資信託といった紙の資産では使えないんだ。建物というものを扱う不動産投資にだけ使うことができる魔法なんだよ。不動産投資信託にも使えないんだ、、、

 

減価償却を使えば、フトコロを痛めることなく、毎年たくさんの経費を落とすことができるんだ。これがどれほどすごいことか! 僕はうまく説明できない。とにかく「すごいんだよ」としか言えない。笑

 

経費で落とせる額が多ければ多いほど、税金も安く済む。会社の場合は法人税が低く抑えられる。個人の場合は所得税が安くなる。しかも、経費として落とせるのに実際にはお金が出ていかないんだよ。

 

「何を言っているんだ?」と思われるかもしれないけど、本当なんだよ! お金を一銭も払っていないのに、堂々と経費で落とすことができるという世にも不思議なものなんだよ。

 

だから、この減価償却を活かせば、お金は手元に残りやすくなるってわけ。だって、お金は出ていかないのに税金は少なくなるんだよ! これを魔法と言わずして何が魔法と言えるだろう。

 

しかも銀行融資の審査の際にも重要な役割を果たす。とにかく一石二鳥どころか、一石三鳥・四鳥のサイコーにクールなものなんだよ