サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が部屋を募集するときにリスクを背負ってでも「ゼロゼロ」で募集している理由

僕は敷金礼金ゼロで募集してる。

ゼロゼロ物件には「低所得者」「低属性」の人が集まりやすく、それゆえのデメリットがあることも承知してる。

 

 

・家賃滞納リスク

・入居者間トラブル問題

・退居時の原状回復問題

・警察沙汰もしょっちゅう

 

敷金でも取っていれば、費用に充当することができるのにね。

 

わざわざゼロゼロにしてる理由は、すべては『入居率』のためだよ!

 

これは多くの人が勘違いしてることなんだけど、アパート経営において『いい物件』というのは必ずしもグレードが高い物件というわけじゃないんだ。

 

低所得者・低属性の人は蓄えがない。

だからゼロゼロの方が決まりやすいんだ。

 

都市部のオシャレで、築浅で、オートロックで、エレベーターのある物件がいい物件とは限らないんだよ。

 

それに高属性の人をターゲットにすれば賃貸経営が安定するというわけでもないんだよ。

かえって競争率激しくて消耗戦になる

 

「安い部屋を探してる」という人は確実にいます。

むしろ増えてる!

 

商売をやるうえで『暇』がいちばんツラくないッスか?

 

想像してみて。

自分がお客さんが全然来ない花屋やラーメン屋やカフェをやってる姿を

 

トラブルが起きるってことはそれだけお客さんがいるってことだよ。

閑古鳥が鳴いてないってこと。

 

空気に部屋を貸していたって一銭も入ってこないんだよ。

 

 

高齢者、外国人、生活保護、ついでに言うと学生さんも。

大家にとってはサイコーのお客さんです。

 

断る理由がよくわからないなぁ・・・

 

「属性の悪い人は入居させたくない」とか言って部屋を空室にさせておくよりずっといいと思うんだけどなー。

 

さまざまなトラブルも、滞納も、アパート経営には『つきもの』なんだよね。

「それらを処理することが仕事」ぐらいの感覚持ってないと!