サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が不動産投資で成功できた理由を自分なりに分析してみた。

「今だったらありえないけど、当時だったらあり得る」ってこといっぱいあるよね。

 

僕は日本経済低迷期の不動産価格が安い時期に10棟まで増やしたんだけど、今だったら絶対そんなに銀行は融資してくれないんじゃないかと思う。笑

 

僕も危ない橋、渡ったものだなぁ・・・と思う。

そんなにいっぱい借りるオレもオレだけど、そんなにいっぱい貸す金融機関も金融機関だよね。笑

 

でもそのときの10棟のジェット・エンジンが僕を雲の上まで連れていってくれたんだ。

 

そのうち5棟を僕は今度、逆にここ数年の不動産価格高騰期に高値で売り抜き、その売却益を既存のローンの繰上返済にまわしたり、蔵に積んだりしたおかげで今、雲のうえで『安定飛行』ができてる笑

 

そんな危なっかしい10年間の歩みでも、『実績』としてみなされて銀行から評価される。ここが資本主義のおもしろいところだよね。

 

僕はただ純粋に「安いうちにたくさん買っておこう!」と思って動いただけなんだよ。

 

僕はただただ単純な人間なんです。

加えて、そんなに頭も良くないんです。笑

 

学校の成績だっておちこぼれだったんだから。

 

最初は不動産所得や事業所得といったロケット・エンジンで上昇していって、ある程度のところまできたらポートフォリオ所得で安定飛行をするのがいいと思うよ。

飛行機の離陸のときみたいにね。

 

「借金はキケンだ」という気持ちもよくわかるよ。

だけど、レバレッジの力を利用させてもらって、一気に上昇していかなかったら、いつまで経っても飛躍できないよ。

 

最初から投資信託に全ツッパして、長期投資・分散投資、そして実を結ぶのは25年後・・・・という安定飛行を目指してたら、いつまで経っても飛躍できないし、なかなかお金持ちになるのはむずかしいんじゃないかな。

いつまでも飛び立てないまま、ずっと滑走路のなかをグルグル動いてるだけになるよ。

 

そういうのはむしろ、安定飛行になってからやった方がいいと思うんだよね。

みんながよく引き合いに出すウォーレン・バフェットだって、最初からインデックス投資をやってたわけじゃないよね。

 

安定飛行を実現させるためには、最初に上昇しなければならない。

 

僕は実を言うと部屋の個数を109部屋ぐらいまで増やしたことがあるんだ。

今は70ちょっとに減ったけど。

 

ここ数年の不動産バブルに乗って、いくつかの物件を高値で売り抜けることができた。

そうやって得た売却益を残りの物件の残債にぶち込んだ。

そしたら会社の経営が超安定飛行になった!

 

安定飛行に乗せるためには、『数』ってものすごく大事。

僕は最初にある程度の数(ロット)があったから、いくつかを売却して大きな売却益を得ることができた。

 

飛行機と同じ。

安定飛行を実現するためには最初にガーッと上昇していかないとね。

 

「無理しないでコツコツと・・・」というのは紙の資産への投資には当てはまるかもしれないけど、不動産投資には当てはまらない。

 

不動産投資はやっぱり『事業』だから、どこかで「一気呵成に勝負に出る!」という勢いが必要なんだ。

だから最初は無理をした方がいい場合もあるんだよね。

 

 

『レバレッジ』という言葉を聞いてネガティブに捉える人と、ポジティブに捉える人がいるよね。

 

ハンバーガーを1人で作るのと、10人で作るのとではどちらが短時間でたくさん作れるだろう?

1人や2人で作ったとしても、長い時間をかけてコツコツやっていればいつかは相当な量になる。

 

でもスピードは遅い・・・

 

ビル・ゲイツも、ジェフ・ベソスも、ハワード・シュルツも、一人でコツコツやったから大金持ちになれたわけじゃない。

優秀な従業員やブレーン、お金を出資してくれた投資家などとの出会いがあったから彼らは世界的な企業を誕生させることができたんだよね。

 

それらはみんなレバレッジだ。

 

たしかにレバレッジは諸刃の剣だよ。

そこには常にリスクが伴う。

 

従業員だってたくさん雇えば、それだけ人件費もかかる。

でもそのリスクをはるかに凌駕するほどのリターンがあった場合はどうなるだろうか?

 

不動産投資をやる際も借金をする。

それをリスクと取るか、レバレッジと取るかはその人次第だよね。