サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産のバーゲンセールがはじまるまではバッターボックスに立たなくてもいい

「これはとてもいい物件ですよ」という言葉には注意したほうがいいと思うよ。「そんなにいい物件ならばどうして手放すんだろう?」って疑問に思ったほうがいいよ。

 

不動産会社の営業マンは次から次へと物件情報を送ってきます。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」じゃないけど、次から次へと送ってくるんだ。そのたくさんある物件情報の中から、みなさんは「ダイヤモンドの原石」を見つけなきゃいけないんだよ。

それは至難のワザだよ。不動産のプロでもいい物件を見極めるのは難しいもの。

バッターボックスに立ったからと言って、ピッチャーから投げられるすべての球が絶好球というわけじゃないんだ。だからすべての球を打つ必要はない。どんどん見送って、ストライク・ゾーンに来た「これだ!」という一球だけを打つように心がけよう! 

球を見送ることは何も悪いことじゃないんだよ。「今はゲームをすべきじゃない」と判断したのなら、バッターボックスから外れてもいいと思うよ。僕は今、完全にその状態だよ。

今の僕はバッターボックスどころか、観客席に座って野球を観戦しているような状態だよ。こんなに不動産が高騰している時期にバッターボックスに降り立ったとしても、「これだ!」という球が来る確率はきわめて低いということがわかるからね。

いろいろな要因が重なり、今は物件を取得するには相応しくない経済状況だと思う。でも風向きはいつ変わるかわからない。ある日突然、世界的な金融パニックが起こって不動産のバーゲンセールがはじまるかもわからない。

だから営業マンとなるべく仲良くなっておき、普段から絶好球がきたらいつでもバットを振ってホームランを狙えるようにだけはしておこう!

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com