サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「いい物件」にめぐり合い、それをゲットするのはどうしたらいいのか問題

不動産投資の世界では『物件はヒャクミツ』とよく言われているよ。ヒャクミツとは「100回見にいって、購入してもいい物件と出会えるのはせいぜい3つぐらいだよ」という意味だよ。

 

それだけ本当に手に入れるべき物件というのは少ないということ。あとは「クズ」とまでは言わないけど、積極的に取得に動くべきじゃない物件と言えるだろうな。

それくらいシビアな世界なんだよ。

 

だって考えてみたらわかるよね? そんなにいい物件だったら、どうしてわざわざ手放したりする? 手放すには『手放すだけの理由』というものがあるはずなんだよ。

 

そして、その物件を手放そうとしているということは、それだけの所有者の人はその物件のことを「良くない」と思ってるということ。あるいは僕みたいに「今、売れば高く売れるぞ!」という算段があったということだよ。

 

僕はこれまで何度も物件を売却してきたから、その辺の所有者の気持ちもよく理解できるんだ。

だから物件を取得しようとする人はその辺の所有者の思惑も加味し、よっぽど注意深く物件の取得に乗り出さなければいけないんだよね。

 

それから、いい物件は不動産業者が買い占めるのか?問題。

 

「いい物件が出てきたら不動産会社が買う。だから世に出てくる物件はダメだ」と言う人がいるよね。

これは半分正解で、半分不正解だよ。

 

僕は不動産会社に勤務していたからわかる。

ブツ上げした物件を全部自社物件にしてしまったら、大変なことになる。

 

そんなことをしたら、営業マンは手数料を稼げない。

銀行だってそんなに融資できない。

 

確かに物件情報はいち早くゲットできる。

でもそれを全部独占してしまうわけじゃない。

これが実態だよ。

 

普通の人より有利な立場であることは確かだけどね。

 

ただし不動産会社が買わないからといって、それがネットに出るわけではないよ。

ネットに出ている物件は売れ残り物件。

 

営業マンはそれぞれ「顧客」を抱え、ネットに出す前にその人たちに情報を流す。

だから何としても顧客に名を連ねなきゃいけないんだ。

 

がんばって、「お気に入りのお客さん」になろう!