サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜこんな高い時期に不動産を取得しようと思ったのか聞いてみたいという話

ウォーレン・バフェットをはじめとする優れた投資家は、その銘柄を買うときに細心の注意を払うと言われてるよ。勝負はそれを買った瞬間に決まるんだ。いちばん最初がいちばん肝心なんだよ。

 

どんなに優れた投資家も自分が買ったものが「ダメダメ」なものだったら、それを立て直すことは容易なことじゃない。不動産投資だってそれは同じだよ。どんなにリーシングに強い不動産管理会社と管理契約をしたとしても、その物件そのものが客付がむずかしいような物件だったらどうしようもないんだ。

 

パソコンだってスペックそのものがダメダメだったら、あとからどんなソフトをインストールしてもダメでしょ? それといっしょだよ。

 

プロ中のプロの投資家でも失敗してるんだよ。不動産のプロである不動産会社の社長ですら、おかしな物件を取得してしまったがゆえになかなか空室が埋まらなくて苦労していたりするんだよ。

ましてや不動産投資をこれからスタートする人はよっぽど物件選びを慎重にしないとね、、、、

 

投資の世界やビジネスの世界は、とてもじゃないけど運やツキだけでは生き残っていけない世界だよ。悪い物件を取得してしまったら最後、そいつのせいですべての計画が水の泡になってしまうかもしれない。そのことによって人生設計そのもの崩れてしまう恐れもあるんだよ。

 

そういった意味においては、今は物件を取得するべき時期じゃないと言えるだろうな。こんなに不動産価格が高騰している時期になぜわざわざ物件取得に動くのか? 僕には理解に苦しむ、、、、

 

その値段で購入したら利回りはどのくらいになり、その結果キャッシュフローはどういうことになり、そのことによってどのくらい苦労することになるのか?は容易に計算できるはずだよ。

 

そこから得られる家賃収入から銀行への支払い分を差し引いたら、いったい自分の手元にはどのくらいのキャッシュが残るのか?も、物件を取得する前からすぐにわかるはずだよ。

 

それなのに突き進んで、喜々として売買契約を結んじゃう人が続出するのはどうしてなんだろう? 僕は今、不動産投資の列に並んでる人たち一人ひとりにインタビューしてまわりたいくらいだよ。