サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

ここ数年のあいだに不動産を取得した人は相当高い値段で購入しているはず

僕はここ数年の不動産価格の高騰の波に乗っていくつかの物件を売却したんだ。でも僕が手放したそれらの物件が「本当にいい物件」だったかどうか、実は僕は大きな疑問を持っているんだ。

 

自分で売却しておいてこんなことを言うのはヘンかもしれないけど、僕だったらその値段では絶対に買わなかったと思うよ。

 

うちの会社で所有していた物件はまだ減価償却もまだまだ残っているような物件だったし、鉄筋コンクリート造だったし、部屋数もそこそこ多く、立地条件も悪くなく、外観もそこそこキレイ・・・という申し分ない物件のように見えると思う。

 

でももしも僕が今、物件探しをしてる立場だったら絶対に手を出さないだろうな。それはなぜか? 

物件価格が高すぎるからだよ! 

 

不動産は今は異常とも思えるような高値で取引されてる時期なんだ。当然のことながら僕はそのことを知っている。その高騰期を狙って相当高い値段で市場に出したんだから。そしたら狙いどおり「その値段でもいいから買いたい!」という人が現れた。それは僕にとって大きな驚きだったよ。

 

僕みたいな不動産投資でメシを食ってるような人間にとって、物件の値段というのは何よりも重要視しなきゃいけないこと。「その物件をいくらで買ったのか?」ということは賃貸経営そのものの根幹に関わる問題なんだ。あまりにも大切な問題。

 

でもその物件を購入した人は驚くほど高い値段で買っていった、、、、こちらとしては嬉しいんだけど、「大丈夫かいな??」と思わず不安になってしまったよ。

 

たぶんこのような現象は日本各地で起こってるんだろうな。売る方はいいかもしれないけど、買う方は相当ヤバイ橋を渡ってるんじゃないかな。

 

だって僕が売却した物件はすべて僕が取得したときよりも相当高い値段で売れたんだよ。信じられる? 不動産が買ったときよりも高く売れたんだよ。嘘みたいな話でしょ? 

 

おかげでキャピタルゲインにともなう税金も相当なものになったけどね。それくらい今が異常な状態だということだよ。それくらい不動産投資が加熱しているということだよ。非常に危険な状態。

 

その人は不動産投資をはじめたばかりの素人だったよ。マニュアルに沿って、条件だけで物件を選定したようだった。キャッシュフローよりも物件の積算価格の方を重視したような買い方、、、、それは僕に言わせれば非常に危険な買い方だよ。

 

今、日本中にこのような買い方をした次々と誕生してるんだろうな。それは僕に言わせれば極めて危険な状況だよ、、、、