サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕がここ数年のあいだに大きなキャピタルゲインを得ることができた理由

僕はここ数年のあいだに何棟も不動産を売却したんだ。なぜ売ったのか? 「今が売り時だ!」と思ったからだよ。

なぜ今が売り時だと思ったのか? それは不動産価格が異常なくらいに高騰していたからだよ。

 

安い時期に買って、高い時期に売ることができれば、その分の差額で大きな利益を得ることができる。これは投資の鉄則だよね。

 

僕は「今、売却すれば莫大なキャピタルゲインが得られるな」ということがわかったんだよ。だから僕は物件を手放したんだ。

 

僕の見立て通り、どの物件もびっくりするような高値で売れたよ。市場に出した瞬間に買い手が殺到した。僕は物件選びの段階からこだわりにこだわり抜いて物件を選んでいる。みんな欲しがるだろうなという物件ばかりを取得するようにしているんだよ。だから売却するときもスムーズにいくんだ。

 

それにしても不動産が売れるスピードはすごかった! あっという間だったよ。なぜそんなに早く売れたのか? 今は不動産投資ブームが加熱しており、みんなが目の色を変えて物件を求めている時期だからだよ。

 

要するに『需要』というものが存在していたんだ。その需要に対して『供給』が追いついていない。つまり「いい物件」というが圧倒的に不足しているんだ。そんな状態の市場にみんなが欲しがるような物件を放り込んだら、値段が釣り上がってゆくのは明々白々だよね。

 

マイナス金利の影響もあり、銀行は超低金利を用意して不動産投資家の背中を押している。だから多くの人が今、不動産投資をはじめようと列をなして並んでいるんだ。

それだけたくさんの人が殺到すれば、不動産価格も高騰するはずだよ。需要に比べて供給が少なくなればなるほど、モノの値段というのは上がっていくものなんだよ。

 

ましてや減価償却が残っているようなそこそこの築年数の物件ともなれば、みんな喉から手が出るほど欲しがる物件だ。そういうものをポンッと提示してあげれば「欲しい!」という人がいっぱい現れることは容易に想像がつくと思う。

 

だから僕は(うちの会社は)、ここ数年でたくさんの物件を売却したんだよ。そのおかげで僕は大きなキャピタルゲインを手にすることができたんだよ。