サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資を成功させるためには一つ一つの投資の質にこだわる必要がある

これから不動産投資をやろうと思ってる人はさぞかし不安でいっぱいだと思う。僕もそうだったからとてもよくわかるよ。

そりゃ、そうだよ! 何千万円・何億円もの借金を背負うんだ。不安にならない方がおかしいって。僕も最初の物件を取得した時は夜も眠れないくらい恐怖でいっぱいだったよ。

 

でもいちばん怖いのは借金の額じゃないんだ。いちばん怖いのは「自分が何をやっているかわからない」という状態なんだよ、、、

だから『どんな物件を取得するのか?』ということはあまりにも重要なことなんだ。いい物件さえ取得できさえすれば、不動産投資で成功する確率はグッと高まるからね。ここさえ間違わなければ、不動産投資というものを恐れる必要はなくなるんだ。

僕は不動産投資にやってメシを食ってる人間だけど、不動産投資を成功させるうえでまずいちばん重要なことは『質』だと思っているよ。

もちろん、ある程度のスケール・メリットも大切だよ。だけど箸にも棒にもかからないようなダメダメ物件ばかり取り揃えたって、いつまで経っても安定しないことだけは確かだよ。

12棟程度では安定的な賃貸経営を実現することはできない。でもだからと言って「頭数だけ揃えればいい」というわけでもないんだ。その一棟一棟の物件はきちん家賃収入をもたらしてくれるような優秀な物件でなければならない。

スタメンで起用されたメンバーのうち1人でもミスをしたり精彩を欠くプレーをしたら、チーム全体に迷惑がかかってしまうんだ。不動産オーナーというのは鵜飼いみたいなものなんだよ。

鵜飼いは鵜を飼いならし、鵜に目一杯働いてもらうことよって魚を獲ることができるよね。不動産投資もこれに似ているんだ。ところがその肝心かなめの鵜のうちの一羽が十分な働きをしてくれない鵜だったら、漁は失敗に終わってしまうんだ。

これは何も不動産投資に限った話ではないと僕は思ってるよ。「ポートフォリオを充実させろ!」とよく投資の世界では言われるよね。でもそれはなんでもかんでも袋に放り込めばいいというわけじゃないよね。

だから「分散投資」ということを重視するあまり、良いものも悪いものもいっしょくたにして煮込んでしまうような投資信託という商品は僕はあまり好きではないんだ。そのぐつぐつ煮えた鍋のなかにはいい素材も入っているかもしれないけれど、お腹を壊すような素材も入っているかもしれない。

だけど全部ミックスされちゃってるから、ぱっと見はおいしそうに見えるんだ。この危険性だけは十分に注意しといた方がいいと思うよ。

リーマン・ショックだって、サブプライム・ローンの問題だって、元はと言えば投資信託が原因だったんだから。いつ爆発するかわからない時限爆弾を自分のポートフォリオのなかに忍ばせてるようなものなんだよ、それは。

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com