サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が物件選びをするときに一棟モノにこだわってる理由

僕が一棟モノにこだわってやってきたのは、『もしも地震や火事で建物がなくなっても、最終的には土地が残る』と思ったからです。

 

一棟アパートが建つくらいの土地って言ったら、だいたい想像つくと思うけど「それなりの大きさ」になるよ。

よって資産価値の面から見ても一棟モノっていいんだよね。笑

 

区分所有や一戸建てもいいと思う。

でもその代わり、ある程度『数(ロット)』を増やさなきゃ賃貸経営としては安定しない。

 

それを10コも20コも増やすのって結構大変よ! めんどくさいし。笑

ぼくの知り合いにもやってる人いるけどね。

 

広い土地の物件は銀行も喜ぶよ!笑

銀行はほら、僕らよりもリスクを嫌うところあるからさ。

安心したいんだよ。

 

本社からOKをもらわなくちゃ、成績にも響くんだ。

彼らの気持ちも汲んであげようよ!笑

 

ざっくばらんな話、彼らは「広い土地(の抵当が)ほしいと思ってるんだ。

 

つまり、ぼくらが一棟モノをやれば彼らのニーズも満たしてあげることができるということになります。

 

だから俄然と彼らも気合も入るし、審査も通過しやすくなる!

 

お互い利害関係が一致してるんだよね。笑

商売は「持ちつ持たれつ」でいかなくちゃ!

 

 

ぼくがいつも『物事はでっかいスケールで考えろ!』と言うのはそういった理由もあります。笑

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com