サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『24時間戦えますか?』的な生き方ってもう古いんじゃないかと思う理由

働きすぎが当たり前になる前に 新社会人へ過労死しないための7箇条 という記事を読んだよ。

 

 

withnews.jp

 

 

『晴耕雨読(せいこううどく)』=晴れた日には畑を耕し、雨が降ったら家でのんびり本でも読んで暮らす。

そんな自由な生き方をしたいと思いません? 

 

僕がやってる不動産投資を上手にやればそれは実現できるよ!

 

晴耕雨読な生き方を選択すれば、「圧倒的な自由な時間」と「ストレス・フリーな心の平安」が得られる代わりに、社会的ステータスとかは失うことになる。

僕なんかいっつもいろんな人から白い目で見られてるよ。笑

 

考えてもみて!

40過ぎの大の男が平日の昼間っからスタバでコーヒーを飲んだり、図書館をブラブラしたり、スポーツジムに行ったりしてるんだよ。

 

へんだよね。おかしいよね!笑

 

でも僕は「人からどう思われるかよりも自分や自分の家族がハッピーならそれでいいんじゃない?」と考えたんだよね。

 

朝から晩まで身を削って働いて、自分の自由な時間を会社に奪われて、、、、それでハッピーかな??

もうそういう『24時間戦えますか?』的イケイケ・ドンドン路線じゃ人は幸せにはなれないってことがバレてきちゃったんじゃないかな。。。

 

 

最初は絵空事だと思ってた。でも不動産投資というものを知って考えが変わった! 

収益物件を取得し、そこから家賃を得て、それで家族を養って暮らしてゆく。会社に行く必要もないし、職場の人間関係のストレスに悩まされることもない。

 

僕はそんな暮らしを10年続けています。晴耕雨読はいいですよ~

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com