サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

暇とか退屈に耐えられる人じゃないとアパートの大家はつとまらない

古今東西、世の中にはいろいろなビジネスがあるよね。そのなかでも僕がやってるアパート経営というビジネスほどユニークなものはないと僕は思っているんだ。

 

アパート経営がほかのビジネスと決定的に違うところは、『不労所得』を実現してくれるということ。

いい・悪いは別にして、不動産投資というものはそういう特性をもっているんだよね。だからこのビジネスは僕のような自由を愛する人間にとってはたまらないビジネスなんだよ。

 

僕は自慢じゃないけど、僕はサラリーマンにはまったく向いていないタイプの人間だと自分では思ってるよ。

人間関係に悩んだり、会社に自由な時間を拘束されたりするのが大嫌いな困った性格の人間なんだよ、僕は。こういうタイプの人間は組織には向いてないんだ。サラリーマンの世界には向いてないんだ。

 

その代わり、ゆっくりのんびりマイ・ペースでやってゆくことに幸せを感じるようなタイプの人はこのビジネスは向いているかもしれない。「暇であること」や「退屈であること」が苦痛にならない人じゃないと、とてもじゃないけどできないビジネスだよ。

だって、実際に普段は何もやることがなくてめっちゃ暇だからね!笑

 

日本人は元来、働くことが大好きな国民だよね。そんなメンタリティーを持っている国民にとって「暇」と「退屈」はもっとも避けるべきことと思われてるフシがある。

 

実際問題の話、普通の人が僕みたいな『毎日が日曜日』な暮らしをするといったなら、結構キツイと思うよ。それは苦痛以外の何ものでもないんじゃないかな。

でも僕はへっちゃらだったし、むしろ大歓迎だったんだよ!

 

アパートのオーナーというのは普段何もやることがないんだよ。自主管理をしている大家さんなら話は別だけど、管理会社に物件の管理を任せてしまってる場合は本当に暇になる。

物件を購入したり、売却したりするときは忙しくなるよ。でも何千万円も何億円もする高額なものを売ったり買ったりすることなんて数年に一回あるかないかの話だよ。

 

あとは「とくにこれといってやることがない」という日々がずぅーっと続くことになるんだ。ね、耐えられないでしょ!笑

でもこれに耐えられる人でないとアパートの大家はつとまらないんだよ。

 

僕はサラリーマン時代、朝から晩まで死ぬほど働いてたんだ。ノルマもキツかったし、休みなんてほとんどなかったよ。大晦日も元旦もクレーム対応とかでお客さんのところに行ったりなんかしてたんだよ。

 

そういうキツイ経験があるから、「暇」とか「退屈」にも耐えられるんだと思うよ。あの頃の生活に比べたら、今は天国か楽園だよ!

こういった自由と幸せを享受できる点も不動産投資の魅力なんだよね。