サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

銀行は不動産のことを危険だとは考えてない

「不動産投資は危険だ」とよく言われるけれど、少なくとも銀行はそのようには思ってないみたいなんだよね。なぜなら銀行は不動産にだったら融資をしてくれるから。

これがもしも投資信託をやるための資金だったら、融資は断れるはずだよ。

 

なぜ銀行は不動産にだったらお金を貸してもいいと考えるのかというと、それは「不動産のほうが危なくない(リスクが低い)」と考えているからなんだよね。世間一般で思われていることとまったく逆なんだ。

僕はこのような銀行の考えを利用することで商売をしている。僕が物件を取得したのはリーマンショックの後や東日本大震災の後のような市場が冷え込んでる時期だったので、自分でも「よく審査が通ったものだな、、、」と思うよ。 

その理由はまったくわからない。もしかしたら僕が不動産会社に勤務していたということが高評価につながったのかもしれないな。でも、こればっかりはわからないな。

いずれにしても、銀行は「不動産」を高く評価しているってことだけは確かだよ。株とか、投資信託とかよりもね。

もしもお金を借りる理由が「株式を購入するため」であったり、「投資信託を購入するため」であったり、「金や銀を購入するため」であったりした場合は融資は断られたはずだよ。

この銀行の特性をうまく利用すると、いち早く資本主義の世の中で有利な位置に行けるよ!