サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

アパート経営は銀行と利害関係が一致している

はっきり言って担保力のある人には銀行は喜んでお金を貸し、担保力のない人には銀行はあまりお金を貸したがらないんだよね。

誰だって「いざ」というときを考える。その「いざ」という時に『借金のカタ』があれば、安心するよね。

 

 
担保というのは借金のカタ以外の何ものでもないから、銀行は何よりもそれを重要視するんだよね。

この『担保至上主義』は、あちこちで批判を受けてるよ。アメリカなどは、担保よりもビジネスそのものの可能性や人物評価などによって銀行は融資するかどうかを決めるらしいね。

それに対して日本の銀行は今もむかしも担保を最重要事項に据えている。そういった銀行の姿勢が「経済の足を引っ張っている」「お金が市場に出まわらない原因になっている」という批判もあるよね。

でもそのことをいくら嘆いていても、憤っていても仕方ないんだ。当の銀行自身が考え方を変えないんですからね、、、

僕たちはビジネスマンであり、商売人ですから、世の中の流れを読み、自分の有利になるように話を進めていかなければならないんだ。いつまでも恨み節を言い続けていてもしょうがないということだよ!

現実に目を向ける必要がある。思いや情熱、理想だけでは銀行からお金を引っ張ってくることはできないんだよ。

でも逆に言えば、「担保」さえあれば話は早い。だったらそれを提供してあげればいいんじゃね? 相手がいちばん欲しているものを与えてあげればいいんじゃね? 

言うまでもないことだけど、『相手のニーズを満たす』って、これ、商売の鉄則だからね。相手のニーズに応えてあげること。今もむかしも、これがビジネスの肝だよ。

不動産投資・アパート経営の場合、最初の最初から銀行が欲しているものを提供することができる。銀行は何よりも担保を欲しているからね。担保というのははっきり言って『不動産』のことだよ。

「いざ」という時には換金することができて、なおかつ、その金額はそれ相当なものになるもの。それは不動産以外にはありえないんだ。

要するに僕がやってるアパート経営というビジネスは最初の最初から銀行と利害関係が一致しているということだよ。だからこのビジネスはほかのビジネスよりも銀行から融資されやすいんだよ!

どんな状況になっても、不動産の価値はゼロになることはないからね。たとえ建物の減価償却期間が終了したとしても、まだ土地が残ってる。銀行は「いざ」となったら、その不動産を売却すれば融資したお金を(ある程度は)回収できるはずだよ。

銀行の立場に立って考えてみれば、こんなに安心できるものことはないよね。どうなるかわからない、うまくいくという確証のないビジネスそのものや、人物にお金を貸すぐらいなら、不動産にお金を融資した方がまだマシだ!

銀行がそう考える気持ちもよくわかるよ。

担保さえあれば、銀行に安心材料を与えることができるんだからね。銀行に安心材料を提供することができれば、「じゃあ、お金を貸しましょう」という話になるよ、そりゃ。

ところが、担保も何もない状態で、「内装工事に1,000万円かかるから、お金を融資してくれ」と言ったら、どう思うだろう?

みなさんが逆の立場だったらどう思う? 誰だって渋い顔をするはずだよね。担保を提供することができるアパート経営と担保を提供することのできない他のビジネスと、どちらが銀行が好むビジネスなのかは自明だよね!

銀行だって商売でやっているんです。「リスクを負うのは、真っ平ごめんだ!」というのが彼らの本音なんだよね。わざわざ危ない橋は渡りたくないんだ。

不動産投資・アパート経営の場合、最初から担保として提示できる不動産を持って銀行の窓口をおとずれる。これが僕たち、アパート経営をする人間の最大の強みだよ。

 

このビジネスは、貸す側にとっても融資しやすく、借りる側も融資されやすいビジネスなんだよ。その点も僕がこのビジネスに魅力を感じている部分なんだよね。

 

 

関連記事

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com