サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

銀行融資が成功するかどうかのカギを握っているのは『担保力』

なぜ銀行は不動産投資にはお金を貸そうとするのか? 株式投資などには融資しないのにもかかわらず、、、その理由はわりにはっきりとしているよ。

それはこのビジネスが『不動産を担保に提供することができるから』だよ!

 

「何を当たり前のことを言っているんだ!」と思われた方もいるかもしれないけど、他のビジネスなら断られるのにアパート経営は話を聞いてくれる。そこにはそのような理由があるからなんだよ。

 

要するにこのビジネスを選んだその段階からすでに、『融資に有利』というお墨付きをもらっているということなんだよ。そんなビジネスは古今東西、探してもないよ! それは不動産投資の最大のメリットと言っていいと思う。

ご存じのとおり、銀行に融資を申し込む際には、『審査』というものを通過する必要があるよね。アパートをやりたい!と考えている人は(現金で購入するなら話は別だけど)、まずここを通過しなければいけないんだ。

でも言うまでもないことだけど、すべての人が審査を通過できるわけではないんだ。どんなに立派な人柄であったとしても、どんなに立派な事業計画書を作成していたとしても、銀行が「うん」と言ってくれなければ話は前に進んでいかないんだよ。

でもこの審査というやつがなかなか大変なんだよね。とくにこのご時世だからね。銀行から何千万ものお金を融資してもらうのは至難の業と言ってもいいだろうね。

世の中には、たくさん「ビジネスをやりたい」と考えてる人がいる。またその商売の種類も実に多種多様。カフェ、ラーメン屋、居酒屋、学習塾、エステ、中古車屋、リサイクル・ショップ、etc、、、、

そういった事業家たちの頭を悩ませるのが『銀行の審査』だよ。開業してまだ日が浅い時期は、はっきり言って銀行から相手にしてもらえないかもしれない。バブルの頃にバンバン融資し過ぎてるから銀行も事業への融資には相当シビアになっているんだ。

だから多くの事業家たちは銀行から融資を断られてしまう。どんなにきちんとした人であっても、どんなにきちんとした事業計画書をつくっていたとしても、銀行の融資を引っ張ってくるのは至難の業なんだよね。

すべてのカギは『担保』という言葉に集約されているんだ! 銀行は担保を重要視する。もちろん人柄やビジネスの内容も見るけど、「担保力」がなければ銀行員の首を縦に振ることはむずかしいだろうね。

 

 

関連記事 

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com

www.saka-haru.com