サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

グレードの高い優良物件を買ったからといって必ずしも不動産投資で成功するとは限らないという話

ここ数年の不動産投資のトレンドと真逆のことを言うようだけど、ぼくの感覚からすると『東京都港区の物件だから大丈夫』とか、『RC造だから大丈夫』とか、『築10年以内だから大丈夫』というのはないね。笑

 

『銀行が好むような物件=オーナーにとっておいしい物件』じゃないしね。積算価格が高い物件は、銀行は喜ぶかもしれないけどね。「銀行は!」ね。笑

 

グレードが高い物件で、高属性の人を相手にしたほうが資金繰りが悪くなる場合も確実にあるよ。

 

属性の高い人は、「それなりの部屋に住みたい」と思ってるからね。

そのためにそこそこ高い家賃を払ってるわけだしね。

 

僕が「そこそこの物件」を好む理由は、リフォームや設備にお金をかけなくてもいいから。

ターゲットにしている層が高属性転勤族じゃないから、大東とかとも被らない。

 

そういう人たちは部屋のグレードも気にするから、それに合わせようとすると、コストがかかり過ぎちゃって商売にならないんだよね。

 

 

oh-ya.jp