サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕の不動産投資が順調なのは僕が地方在住者だったからなのかもしれないという話

優良物件を探してる人って、きっと日本じゅうにゴマンといると思う。

だから「これだ!」という物件が見つかってから、「さて、やっぱりどうしようかな、、、」なんて考えたら、あっという間にほかの人に物件を取られちゃうよ!

 

ほかの人に物件を取られないようにするためには、もう最初の段階から『準備』しておかないと!

もう銀行とのあいだである程度融資についての話し合いがついていて、まとまった資金をいつでも借りられるように準備しておかないと!

 

そうやって売買の営業担当者に「やる気満々・買う気満々だ!」とアピールしておかないと!笑

 

都会はきっとライバルも多いし、カネを持ってる人も多いからいい物件はきっと一瞬で消えてゆくんだろうな。

そういった意味で僕は地方在住者で良かったのかもしれないなといつも思うよ。地方は都会に比べると「不動産オーナーになりたい!」と人の数が少ないから、それだけ競争率が高くないんだ。

 

ところが今の不動産投資の常識ではすっかり「地方はダメ・田舎はダメ」ってことになってるよね。逆なんだよね。笑

 

不動産会社の営業マンも忙しいんです。それから大きなノルマを抱えていて、「なんとかして営業成績をあげたい!」と思ってるんだよね。

 

そんななかなのに、果たして買う気があるんだか、やる気があるんだかわからないような人に物件を紹介したいと思う?笑

 

もしかして、いまの僕の幸せって、僕がたまたま「地方在住者」だったから実現できたことなんじゃないだろうかって思うときがあるよ。

 

もしもぼくが東京の人だったら、アパートを何棟も購入できなかったんじゃないだろうかってね、、、、

 

少子化と不動産投資は密接に関わっていることは事実だよ。

だからと言ってヒトモノカネが集まる都会に絞るという戦略は本当に正しいのだろうか?

 

(どの本や雑誌を見ても都会に限定して探せと書いてる)

 

みんな考えてることは一緒だよ。

ライバルも多い。

競争も激しい。

 

だから利回りも低い。

本当にそれでいいのかな?

 

 

kikakuyarou.jp

 

www.chintaikeiei.com