サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

神様からの試練のおかげで人生が好転することもある

松下幸之助さんも「自分は貧乏で、体が弱く、勉強もできなかったから成功した」という趣旨の言葉を残してるよね。

 

つまり、貧乏だったから丁稚奉公に行かざるを得なく、その奉公に行った先で世の中の仕組みについてみっちりと学ぶ事ができた。

体が弱かったから誰かを頼らざるを得ず、そのおかげで人の懐に入って人から可愛がられる術を学んだ。

勉強ができなかったから自分よりも優秀な人に質問し、それを素直に受け入れることができた。

神様は僕たちにさまざまな試練を与えるんだ。でもそれが逆に人生に良い結果をもたらすこともあるんだよね。

逆に、いろんなことができるからと言ってふんぞり返っていると、手痛い目にあうパターンが多い。そういうヤツの方が社会に出てから大したことのない人生を送るパターンが多いんだよ。

いわゆる「器用貧乏」ってやつね。

いつまでも自分の不得意な分野でグズグズしてないで、さっさと見切りをつけて、諦めるもんは諦めた方が僕はいいと思ってるよ。その方がはるかに建設的な人生を送れるし、ストレスもたまらないと思うよ。 

何回やっても成果が出ないのに、そしてうまくいかないことを自分でも半分わかっているのに、それを認めず、自分を誤魔化して、「次こそは…」なんてやってる人がいちばん気の毒な人だよ。

そんなことのために貴重な時間を使っちゃダメ。 

自分の得意なことを見つけて、そこで活躍できれば、すべての問題は解決し、すべてのコンプレックスと折り合いをつけることができるよ。

自分の中の「できない」ことを探すんじゃなくて、自分の中の「できる」ことを探した方がハッピーな人生を送れるんじゃないかという話ね。